トータル13アンダー単独首位でムービングデーを迎える松山英樹(撮影:標英俊)

写真拡大

<三井住友VISA太平洋マスターズ 2日◇11日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
太平洋クラブ御殿場コースで開催中の国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」は第2ラウンドが終了。単独首位から出た松山英樹がトータル13アンダーまで伸ばし、首位に立っている。
松山英樹、今大会で使うドライバーはどれ??
OUTから出た松山は前半スコアを2つ伸ばすと、後半は13番のパー3ではティショットが左のバンカーに入り、地面にクラブを押し付けた際にシャフトがぐにゃりと曲がってしまったが、次の14番から3連続バーディ。さらに18番でもバーディを奪い、「日本オープン」に続く今季日本ツアー2勝目へ最高の位置で折り返した。
2打差の単独2位にはパク・サンヒョン(韓国)。以下トータル10アンダーの3位にソン・ヨンハン(韓国)、トータル9アンダーの4位がS・H・キム(韓国)。その下のトータル7アンダー5位グループに藤田寛之、宮本勝昌らがつけている。
賞金ランク1位の谷原秀人はトータル4オーバーで予選落ち。同2位の池田勇太はトータル6アンダーの13位。今大会3勝を挙げている尾崎将司はINスタートの18番ホール終了後、腰痛の為棄権している。
【2日目の順位】
1位:松山英樹(-13)
2位:パク・サンヒョン(-11)
3位:ソン・ヨンハン(-10)
4位:S・H・キム(-9)
5位T:李京勲(-7)
5位T:金亨成(-7)
5位T:宮本勝昌(-7)
5位T:藤田寛之(-7)
5位T:薗田峻輔(-7)
5位T:松村道央(-7)
5位T:キム・キョンテ(-7)
13位T:池田勇太(-6)
70位T:谷原秀人(+4)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【ヨシくんMEMO#5】
ゴルフ好きのトランプ大統領誕生で、ツアーもプロも右往左往?
松山英樹、結果を出したドライバーを使い続けるのか?