穏やかな顔でサインに応じるブラッド/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ブラッド・ピットが、アンジェリーナ・ジョリーとの離婚騒動後初めて、『マリアンヌ』(2017年2月公開)のプロモーションでレッドカーペットを歩き、沈黙を破った。

【写真を見る】レッドカーペットで触れあうブラッド・ピットとマリオン・コティヤール/写真:SPLASH/アフロ

ブラッドは黒いスーツ姿で、左手薬指に結婚指輪はなく、かなり激ヤセした様子だったが、メディアやファンの心配をよそに、レッドカーペットの周辺で待つたくさんの人たちに笑顔で対応。サインにも快く応じた。

アンジェリーナが、共演者のマリオン・コティヤールとブラッドとの浮気を確信して離婚を決意したとも言われていた。しかし欠席すると思われていたプレミアに出席し、さらにインタビューにも応じたブラッド。

ブラッドは「皆、本当に優しくてありがたいよ。そして皆のサポートは本当に素晴らしい」とE!ニュースのインタビューでファンへの感謝の気持ちを表し、ファンやメディアからは、辛い時にも笑顔でインタビューやサインに応じるブラッドに、「やつれてるけど、元気な姿が見れてよかった」「プレミアに出席して偉い!」「1日も早く立ち直って欲しい」といった称賛と激励の声が数多く寄せられている。

妊娠によって、お腹の膨らみが目立ってきたマリオンは、青いクリスチャン・ディオールのドレスを着てブラッドとレッドカーペットを歩いたが、彼の肩をさすったり見つめ合うなど、仲の良さと気遣いを見せた。【NY在住/JUNKO】