単独映画第1弾は
「スパイダーマン ホームカミング」 (C)Marvel Studios 2016. (C)2016 CTMG.
All Rights Reserved.

写真拡大

 「スパイダーマン ホームカミング」に主演するトム・ホランドが、スパイダーマン/ピーター・パーカー役で6作品の出演契約を結んでいることを明かした。

 ホランドは米ハリウッド・レポーター誌のインタビューで、スパイダーマンの単独映画3本に加え、「アベンジャーズ」シリーズや「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で構成される“マーベル・シネマティック・ユニバース”の3作品に出演予定だと告白。そのため、単独映画は現時点では少なくとも3部作になる見込みだ。

 一方、その他のマーベル映画に関しては、今年公開の「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」に登場済み。残る2本は、シリーズ第3弾「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(原題)」(2018年公開)と、タイトル未定の第4弾ではないかと、大方のファンは予想している。また、現在20歳のホランドはマーベル映画の主演俳優のなかで最年少のため、出演本数が増える可能性もありそうだ。

 15歳の高校生ピーター・パーカーを主人公にした「スパイダーマン ホームカミング」は17年8月11日公開。