日本製Raspberry Pi 3

写真拡大 (全2枚)

 アールエスコンポーネンツは11月10日、3月にリリースされたワンボードコンピューター「Raspberry Pi 3 Model B」の国内生産モデル「日本製Raspberry Pi 3 Model B(ラズベリー・パイ スリー モデル ビー、以下日本製Raspberry Pi 3)」の150個セットを発売した。販売価格は672,300円(税込・配送料無料、150個単位)。

 イギリスのラズベリー・パイ財団がプログラミング教育用教材として開発した「Raspberry Pi」は、名刺サイズのワンボードコンピューター。「Raspberry Pi 2」に比べ、処理性能とオンボード接続性が高くなっているため、アプリケーションの開発にかかる時間を節約できるという。

 低コスト・省スペース・豊富なソフト資産が評価されており、2012年3月の販売開始以来、世界累計販売数1,000万台を突破したという。教育・研究用途はもちろん、電子機器開発の試作用途にまで活用の場を広げている。日本国内からも「試作だけではなく実製品へ組み込みたい」とのニーズが高まっていたが、従来の海外製造ラインでは国内の製造管理要求が厳しく、要望に応えられない背景があったという。

 そこで、「日本製Raspberry Pi 3」は国内で製造管理を行う。今回の対応により、国内の各種管理要求に柔軟に対応でき、ユーザー製品への組込み販売が容易になるという。サイネージ、組込み機器、産業機器、IoT端末など、さまざまな用途で「Raspberry Pi」を組込み部品として活用できる。

 購入を希望する場合は、RSオンラインによる通信販売を利用する。購入は150個単位から。販売価格は672,300円(税込・配送料無料)。

◆日本製Raspberry Pi 3

販売価格:672,300円(税込・配送料無料)※購入は150個単位から

販売所:アールエスコンポーネンツの通信販売サイト

仕様:クアッドコアARM Cortex-A53(64bit・1.2GHz)MCU、フォームファクター(ボード形状)、40ピンGPIO、4基のUSBポート、フルHD対応のHDMI端子、10/100 Mbpsイーサネット端子、3.5mmオーディオ/コンポジットビデオ端子、カメラ(CSI-2)、ディスプレイ(DSI)インターフェース、micro SDカードスロット、Bluetooth・無線LAN機能 《リセマム 池野サキ》