任天堂が「Wii U」生産終了へ、次世代ゲーム機のSwitchに軸足

写真拡大

任天堂は、据え置き型ゲーム機 Wii Uの生産を近日中に終了します。公式の本体ラインナップページにも「近日生産終了」との表示が。任天堂は次世代ゲーム機「Switch」を2017年3月に発売する予定で、そちらに軸足を移す方針です。

Wii Uは、Wiiの後継として2012年に登場。本体と画面のついたコントローラーのWii U Game Padを組み合わせて遊ぶスタイルが注目を集めました。テレビがなくても、Gamepadの画面だけでゲームをプレイすることができ、例えば、家族の誰かが見たいテレビ番組の時間になっても、GamePadで続きを遊べたり、携帯ゲーム機のように好きな場所、自由な姿勢でプレイすることができます。

任天堂の広報担当者は、Wii Uの生産終了について「永続的に生産し続ける製品はない。次世代ゲーム機のSwitchは持ち運べると言っても据え置き型のゲーム機なので、皆さんの興味はそちらに移っていると思う」とコメントしています。

▲任天堂が2017年3月に発売する次世代ゲーム機「Switch」

Nintendo Switchの画面は10点マルチタッチ対応のうわさ。ハンドサイン識別の特許併用で新たな可能性も?

(更新完了