写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ガスは11日、環境省が推進する省エネ施策「ウォームシェア」に関連する取り組みやイベントを行うことを発表した。

「ウォームシェア」とは、多くの人がひとつの部屋に集まったり、各家庭の暖房を止めてあたたかく過ごせる行楽施設などに出かけたりすることで、温かい場所を分け合う、つまり暖房の効率化を図る指針だ。環境省が推進する今冬の省エネ施策の中の1つで、同社は1日よりすでに取り組みを開始している。

同社は「ウォームシェア」の趣旨に賛同し、ショールーム(1カ所)と2つの企業館を、あたたかく楽しく過ごせる施設「ウォームシェアスポット」として、2015年と同様に登録を行った。実施期間は環境省の推奨期間と同じく、2016年11月1日から2017年3月31日まで設定。「ウォームシェアスポット」に登録する各施設は、ガス暖房や地域冷暖房システムといった都市ガスを利用した空調を行うことで、ピーク電力の削減に貢献しているとのこと。

「東京ガス新宿ショールーム」では、部屋全体を足元からあたため、家族が自然と集まるガス温水床暖房や、保温効果が高いミストサウナなど、家庭で暖房に使用するエネルギーの削減に貢献する設備の紹介を実施。実際に体験することもできる。また、「がすてなーにガスの科学館」、「ガスミュージアム」の2企業館は、年間を通して環境や省エネについての情報発信を行っているほか、「ウォームシェア」期間中は来館者を対象に、身近な省エネ行動を考えるイベントを開催する。

それに加え、東京ガスコミュニケーションズが運営する住まいの総合情報センター「リビングデザインセンターOZONE」では、年間を通じて住まいに関する展示、セミナー、ワークショップ、相談などを実施。7Fの新施設「OZONE住まうとサロン」では、ガス暖炉やガス温水床暖房を実際の住空間に模したスペースで体験できる。