HYUKOH、1年ぶりの単独公演「22.999999999(今年は正しくなかった)」を開催…公演タイトルの意味とは?

写真拡大

バンドHYUKOH(ヒョゴ) が12月に単独公演のニュースを知らせた。

HYUKOHのマネジメントを担当しているDuru Duru amc側は、HYUKOHが12月にソウルブルースクエア・サムスンカードホールにて約1年ぶりに単独公演「22.999999999(副題:今年は正しくなかった)」を開催すると明かした。今回の公演チケットの前売りは、本日(11日) 午後8時にINTERPARKチケットを通じて販売される。

毎回本人の年齢を意味する数字で、公演およびアルバムのタイトルを表現してきたHYUKOHが今回の公演名と共に公開した副題「今年は正しくなかった」には、どんな意味が隠されているのか好奇心を刺激する。

HYUKOHが9日に日本のメジャーレコード会社トイズファクトリーと手を組んで、日本のライセンス盤をリリースし、11月17日と19日には大阪および渋谷でライセンス盤の発売記念公演も開催する。

それだけでなく、26日には香港最大規模の音楽フェスティバル「Clockenflap Music and Arts Festival」に招待されステージを繰り広げる予定だ。

HYUKOHは5月および8月、中国最大のフェスティバルである「Strawberry Music Festival」と世界3大ロックフェスティバルの中の一つに挙げられる「サマソーソニック2016」にも参加したことがあり、日本、中国、香港などのアジア圏全域に人気を拡大して“アジアの人気バンド”の座を固めている。