SUPER JUNIOR ヒチョル&BUZZ ミン・ギョンフンのデュエット曲「ナビジャム」を発表…バラエティ番組とのコラボで誕生

写真拡大

JTBC「知ってるお兄さん」で息ぴったりの呼吸を見せているSUPER JUNIOR ヒチョルとBUZZのミン・ギョンフンがコラボを予告し、話題を集めている。

ヒチョルとミン・ギョンフンはSMエンターテインメントのデジタル音源公開チャンネル「STATION」の41番目の主人公で、彼らが初めて披露するデュエット曲「ナビジャム」は、「知ってるお兄さん」が放送される19日夜12時に、各種の音楽配信サイトを通じて音源が公開される予定であり、熱い反響が予想される。

特に今回のデュエット曲は、SMとJTBCの人気バラエティ番組「知ってるお兄さん」のコラボプロジェクトで、SUPER JUNIORのヒチョルとBUZZのミン・ギョンフンが出会って誕生したものであるだけに、2人のアーティストの新曲「ナビジャム」に対する期待感がさらに高まるものとみられる。

新曲「ナビジャム」は壮大なストリングに強烈なギターとピアノサウンドが調和したマイナーバラード曲で、ヒチョルとミン・ギョンフンの訴えるようなボーカルが完璧なハーモニーを成しており、聴く人々を十分に魅了させられる曲だ。

また、ヒチョルが作詞した歌詞には両手を挙げてぐっすり眠っている姿を指す「ナビジャム」というタイトルを通じて、恋人との幸せな瞬間をいつまでも大切にしたい気持ちを表現しており、現在出演中の「知ってるお兄さん」の出演陣との友情が変わらないことを願う気持ちを込めて作詞しただけに、さらに話題を集めるものとみられる。

ヒチョルとミン・ギョンフンのコラボは、「知ってるお兄さん」を通じてその制作過程が紹介される。