BIGBANGのT.O.P、義務警察の特技兵に中間合格…残すは実技試験

写真拡大

BIGBANGのT.O.Pが義務警察の特技兵(楽隊) 試験を受け、中間合格(1次試験の適正検査と2次試験の身体・体力検査に合格すること) した。

11日、義務警察の公式ホームページによると、T.O.Pは先月受験した義務警察の特技兵試験に中間合格し、実技試験を受けることになった。T.O.Pは先月25日、ソウル地方警察庁機動本部で行われた義務警察選抜試験でソウル庁特技兵を志願した。

義務警察の関係者はこの日、OSENに「この日公開された合格者名簿は中間合格者だ。14日に抽選を通じて最終合格者が選ばれる」とし「特技兵の場合、実技試験を経て最終的に選ばれる」と説明した。

T.O.Pは現在BIGBANGのツアー活動に邁進している。BIGBANGは来年1月ソウル高尺(コチョク) スカイドームで単独コンサートを開催する。