笑顔アメニティ研究所 門川義彦●明治学院大学経済学部卒業後、アパレルチェーン鈴屋入社。店長、販売ディレクターなどを経て独立。“笑顔コンサルタント”として、小売業、運輸業などの従事者に研修を行う。

写真拡大

「笑って」と言われてもうまく笑えない──そんな悩みを抱えている人は多いのではないか。世界初の笑顔コンサルタントとして約800社、10万人以上の人々に研修を行ってきた門川義彦さんに、「自然な笑顔」のつくり方を聞いた。

■歯を出して笑えない日本人

私が笑顔の力に気が付いたのは、大手アパレル販売チェーン鈴屋の店長を務めていたときでした。売り上げが抜群によい女性の学生アルバイトがいたのですが、販売経験も商品知識も特に豊富というわけではありません。なぜだろうと思って見ていたら、とびっきりの笑顔でお客様に接していたんです。ほかの店舗でも、売り上げのよい店には必ず、笑顔が素敵な販売員がそろっていました。

人間にはミラーニューロンという、目にしたものを自分の脳内で鏡のように再現する神経細胞があります。別名、モノマネ細胞とも言われ、笑顔の人を見ると、自然と笑顔になってしまう。つまり、笑顔には人を笑顔にさせてしまう力があるということ。それによって人は、相手のことを「感じがいい」と思うのです。

人間は笑顔になると、呼吸がスムーズになって空気が体中に行き渡り、血流もよくなって副交感神経が活発になります。そうすると心も体もコンディションがよくなるのです。ほかにも、病原菌と戦うNK(ナチュラルキラー)細胞が活発になって免疫力が上がるなど、最近はさまざまな分野で笑顔の効用がうたわれるようになりました。

しかし、日本では大口を開けて笑うことをあまりよしとしない風潮があります。笑顔になってくださいとお願いすると、ほとんどの人が歯を見せずに笑うか、控えめな笑顔しか見せてくれません。

笑顔はコミュニケーションの技術です。アメリカの経営者などは、ビジネスで最も必要なことはコミュニケーション力であり、そのための最大の技術は笑顔だと言っています。逆に言えば、気持ちのよい笑顔ができる人は、それだけで差をつけることができる。そして、笑顔はトレーニングで身につけることのできる技術なのです。

では、笑顔で最も大切なこととは何でしょうか。それは「アイコンタクト」です。相手の目を見るということは、相手の存在を認めているというメッセージであり、自分自身のアピールでもあります。

日本人はこのアイコンタクトが苦手な人が多く、1対1で話をすると、欧米人の半分程度しか相手の目を見ないと言われています。人からの目線を受け止めるのも得意ではありません。でもアイコンタクトは慣れの問題。数をこなしていけばすぐにできるようになります。0.5秒でいいので、相手と目が合ってから“タメ”をつくるようにしてください。

次に大事なことは口元です。口角をきゅっと上げてみましょう。このときにしっかり歯を見せると、はっきりとしたよい笑顔になります。上の歯が10本見えるのが理想です。

口角を上げると、眉や目じりが下がります。目も細くなって黒目が大きく見え、優しい表情になります。

笑顔が苦手な人はつくり笑顔から始めましょう。ぎこちなくとも、アイコンタクトをとって、口角を上げ、歯を見せる。つくり笑顔によって脳が反応して脳内モルヒネ(ドーパミン、βエンドルフィン)を分泌し、幸せな気分になることがわかっています。最初はつくり笑顔でも、徐々に本物の笑顔になっていくのです。

つくり笑顔と言っても、いわゆる営業スマイルとは違います。営業スマイルは、「笑顔でなくてはいけない」という義務感を伴った、マニュアル通りの笑顔です。大事なことは、どうやったら相手が笑顔になってくれるかを考えること。心が通わない笑顔は、本当の笑顔ではありません。

■営業スマイルは表情筋を硬くする

本当の笑顔になるために私が提唱しているのが「わりばしストレッチ」(笑顔アメニティ研究所の商標登録商品)と「ハッピー体操」です。

普段、営業スマイルばかりしている人や無表情の人は表情筋が硬くなっています。そこで、頬や口元の筋肉をほぐし、柔らかい表情になりやすくするのがわりばしストレッチです。まずは鏡で自分の顔(普段の無意識な顔)の口元を確認、自覚します。それからイラストに従ってストレッチしてください。「うれしい」「楽しい」「ハッピー」など語尾に「イ」がつく言葉は自然に口角が上がり、顔が笑顔の形になります。

(1)上下の前歯2本ずつでわりばしを横向きにはさみ、軽くかむ(わりばしは横に寝かせてくわえる)。
(2)わりばしをくわえたまま、口角をこれ以上上がらない位置までぐっと上げ、30秒間キープ。
(3)(2)の状態のまま、わりばしを抜く。このときの口元が基本形。いつでもこの形ができるように。
(4)わりばしを軽くかんだ状態で30秒間、「イ、イ、イ…」と「イ」を言い続け、口角を上げ下げする(3回繰り返す)。
(5)わりばしを抜いて、もう一度笑顔の基本形を鏡で確認。両の手のひらを左右の頬に添え、下から上へ優しく押し上げながら、「イチ、ニイ、スリー、シー(1、2、3、4のこと)」と声に出し、語尾の「イ」の発声のときに口元を上げながら30秒間繰り返す。
(6)同様に「イチ、ニイ、スリー、シー」と声を出しながら、手を添えずに口角を上げる。これも30秒間繰り返し、終了。


ハッピー体操は、テンションを上げるエクササイズです。笑顔が苦手な人の共通点は、「テンションが低い」こと。テンションが低いということは、心がネガティブな状態で、コミュニケーションに消極的だったり否定的だったりするので、このハッピー体操を考案しました。(1)伸びをして顔や手をほぐす(30秒間)。(2)深呼吸をして呼吸を整える。目安は3秒吸って、2秒息を止め、15秒かけてゆっくり吐く(6セット、2分間)。(3)息を吐くときに手のひらをパーにしながら体の前にもっていく。吸うときはグーにして胸の前に(30秒間)。(4)「イ」の言葉を口に出す。「ラッキー」や「ハッピー」など声に出し、息を吐くときに手のひらをパーに(2分間)。

理想は毎朝ですが、時間が空いたときに時々やるだけでもOKです。相手より少しテンションが高い状態が笑顔の心持ちとしていちばんよいので、そのことも心がけましょう。

自分が笑顔になれば、相手も笑顔になって、人が集まってまわりが笑顔でいっぱいになります。ぜひ笑顔のスキルを身につけてください。

(衣谷 康=構成 花村謙太朗=撮影 若泉さな絵=イラストレーション)