写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●価値を維持したまま、利用範囲の拡大を目指す
○最新版では、システムにロングライフバリューを提供

オープンストリームは11月1日、「Biz/Browserフォーラム 2016」を開催した。導入事例なども多く紹介された同フォーラムでは、業務システム専用プラットフォームの最新版「Biz/Browser DT」の目指すところ、その新機能についての紹介も行われた。新製品のコンセプトについては、「『新Biz/Browser』その可能性と展望」と題して、オープンストリーム プロダクト事業部 事業部長 芝村健太氏が語った。

Biz/Browserは1999年の誕生以来、業務システム専用プラットフォームとして多くの日本企業に導入されてきた。当時、クライアント/サーバ型システムからWebシステムへの移行がすすむ中、データの一元管理にはたけているものの操作性に課題のあったWebシステムの使い勝手を向上させるために、業務システム向けの画面開発・実行環境として登場したのがBiz/Browserだ。

「Biz/Browserのコンセプトメッセージは、ロングライフバリューであること。生命保険の広告のような言い回しだが、システムの生命保険だと考えている。あらゆる環境変化に対応し、既存のIT資産を有効活用でき、運用・保守のメンテナンスが容易であるため、長いITの変遷の中でBiz/Browserを使っておけば安定的にユーザーの期待に応えられる環境を約束する」と芝村氏は語り、今後の変化にも対応して行くための新しい製品として新製品「Biz/Browser DT」の紹介へと引き継いだ。

「Biz/Browser DT」の詳細な紹介を担当したのは、オープンストリーム プロダクト事業部 開発部 部長 山根浩樹氏だ。

Biz/BrowserにはWindows PC向けの「Biz/Browser V」、スマートデバイス向けの「Biz/Browser SmartDevice」、ハンディターミナル向けの「Biz/Browser Mobile」といったシリーズ製品が存在するが、「Biz/Browser DT」はこのうち「Biz/Browser V」の後継モデルにあたる。山根氏はBiz/Browserの特徴や「Biz/Browser DT」の位置づけなどについてあらためて解説した。

「これまで提供してきたロングライフバリューという価値を、より多くの業務シーンに、今後10年、その先にも提供しつづけて行くことをコンセプトに企画・開発を進めている。価値を維持したまま、利用範囲の拡大を目指している」と語った山根氏。続けて、「Webブラウザと統合したことで、Webシステムとの親和性をさらに向上させたほか、UIUXの強化による用途の拡大、マルチOS対応による利用端末の拡大といったことでロングライフバリューをより明確に指向した製品」と「Biz/Browser DT」について紹介した。

○画面表現力の強化やグローバル対応など新たな機能を提供

具体的なアーキテクチャおよびデモンストレーションの解説を担当したのは、オープンストリーム プロダクト事業部 技術統括 大矢義憲氏だ。

「Biz/Browser」の誕生時から開発に関わってきたという大矢氏は、当時の非力なマシンで快適な操作性を実現するために行ってきた技術的な工夫や、当時の利便性を考えて採用した仕様などについて語った上で、新たな「Biz/Browser DT」では現代のマシン性能とビジネス需要に応える形にさまざまな変更を行ったことを紹介。

開発環境の64ビット化、文字コードのUnicode化、Windowsアーキテクチャから脱却してMac/Linuxへ対応可能にし、IEからChromiumへとWebコンポーネントも変更した。コンパイラ・仮想マシンの再設計による高速化に加えて、描画システムも刷新してハードウェア描画の支援を受けられる形にしたことで、処理・描画の速度も向上しているという。

●新機能により見栄えのよい画面構築が可能に
デモンストレーションを交えて紹介された新機能では、ボタンの角丸表現やグラデーション、テクスチャの貼り付けに対応したことで表現力の向上した画面などを紹介。フェードインなどの簡単なアニメーション機能も取り込んだほか、多彩なグラフ表現も可能にしたことなどが解説された。

Webブラウザエンジンを搭載したことで、Chromeをそのまま内包したような形でシームレスにブラウザ機能を利用できるようになったほか、地図や写真といったWeb上の要素を業務用の画面に取り込むことも可能になった。また、文字コードをUnicode化し多言語対応にもしたことでグローバル企業でも採用しやすくなったという。

このほか、入力文字列の規則を絞ったフォームの設置、フォーカスを示すハイライト表示の多彩な表現、入力時の文字列自動補完といった業務を支援する多彩な機能が簡単に使えることも紹介された。

さらに、互換性についても言及があった。「Biz/Browser DT」と「Biz/Browser V」には直接の互換性はないが、「Biz/Browser DT」上でエミュレータを動かすことで「Biz/Browser V」で作ったツールも利用可能になるという。その動きも解説した上で、今後の流れとして「Biz/Browser V」のツールを「Biz/Browser DT」で読み込み仮想的に動作させる互換ライブラリとして「Biz/Browser V互換パッケージ(動的コンバータ)」を、完全に変換して「Biz/Browser DT」での利用を可能にするものとして「CRSコンバータ(V→DT)(静的コンバータ)」を、順次提供予定であることも紹介された。

「Biz/Browser DT」は11月1日にベータ版を提供し、2017年1月にRC版を公開。正式リリースを2017年3月1日に予定している。このリリース時点では提供されないが、順次提供される機能としてExcelとの親和性強化、オフライン機能強化を行ってのローカルDB機能搭載、帳票出力機能の拡充、Webサービス連携やクラウドサービス連携の強化といったものが挙げられた。Mac OSやLinuxへの対応もリリース時点では行わず、年2回程度予定されているバージョンアップの中で提供されることになりそうだが、いずれも2017年度中の提供が予定されている。

さらに「Biz/Browser DT」と同時に、新たな開発環境として「BizDesignerDT」が提供される。これは「Biz/Browser DT」上のアプリケーションとして提供されるためインストール不要で、リモートデバッグ機能を搭載するなど開発機能がより強化されている。

「現状のカバー領域はクライアント向けアプリケーションの開発と単体試験になるが、今後は設計から運用・保守までの横方向へ範囲を広げ、さらにサーバサイドやストレージの開発まで領域を増やしていきたいと考えている」と大矢氏は語った。

今後は「Biz/Browser V」の動作保証およびサポートを継続しつつ、新機能は「BizDesignerDT」で提供して行く形になるという。またスマートデバイス向けやハンディターミナル向け製品に関しては、今後機能強化や対応機種拡大が続けられる予定だ。

(エースラッシュ)