「私の耳にキャンディ」ハン・イェリの”キャンディ”の正体がついに判明

写真拡大

女優ハン・イェリのキャンディは、予想通りイ・ソジンだった。

10日に韓国で放送されたケーブルチャンネルtvN「私の耳にキャンディ」では、ハン・イェリが自身のキャンディである“オッパ・オッパ(お兄さん・お兄さん)”に会う姿が描かれた。

ソウル都心を一人で旅行したハン・イェリはククス(にゅうめん) 屋で食事をしていたが、イ・ソジンから「私もそのレストランに行ったことがある。サインもした」という話を聞いた。

色々な芸能人のサインがあったが、ハン・イェリはイ・ソジンのサインを指差して「ここにおられたこの方なのか」と話した。すぐに正解できないとイ・ソジンは「年齢差がちょっとある」と言って、熱心に理解しようとした。

そうしているうちにハン・イェリとイ・ソジンは、お互いが近くにいるという事実を知ることになり、出会いを約束した。苛立つように待っていたハン・イェリの目の前に、イ・ソジンが登場した。このように相手の正体を「私の耳にキャンディ」で初めて確認することになった。

挨拶を交わした後、イ・ソジンはハン・イェリをだますために言った言葉に対して釈明し始め、ハン・イェリは「故郷が江原道(カンウォンド) ですって?」と尋ねてずっと笑った。イ・ソジンは「三食ごはん」を言及して笑いを誘った。

イ・ソジンはインタビューで、「あの年齢の時、とても敏感だった。自分も余裕をほしいという話をするつもりで見れば、みな似ているという気がする」と話して共感する姿を見せた。