IMFACT、タイトル曲「Feel So Good」MV公開…独自の青春を力強く表現

写真拡大

暗さはいつ終わるのだろうか。目の前にかすかに見えるのは光だろうか。疲れていた心と体に火がついた。ますますもっと熱く。青春はかなり親切だから。

11日0時、IMFACTの2ndアルバム「斑爛」が発売された。今年1月にデビューしたIMFACTは10ヶ月ぶりに出した新アルバムで成熟した姿を見せた。自らアルバムの収録曲を作ったメンバーは、自分たちの青春を音楽で表現した。

アルバムタイトル「斑爛」は「散らばっていた様々な光が混ざり、美しく輝く」という意味を持っている。タイトル曲「Feel So Good」は希望と自信を与えてあげるという意思から始まった。トラップをベースに完成された「Feel So Good」は、シンセサウンドとビートで、力強さを強調した。

「Feel So Good」は自分の人生をかっこよく、堂々と生きていくと叫んだ。「自分勝手な不良、誰かは言うダメなやつ」と紹介した後、何も考えずに遊ぶと雰囲気を盛り上げた。進みたい道へ進み、やりたいことをしながら希望を見つけることが出来ると歌った。

「暗さの最後を見つけた、かすかな光が見えて、疲れていた僕の胸に、体に火をつけて。もっと熱く、もっと燃えるように、青春はかなり親切だ Oh 僕に、だから今から」

「Feel So Good」のミュージックビデオはIMFACTの男らしさを表現することにフォーカスを合わせた。暗い背景の中、カラフルなビンテージなイメージの5人のメンバーは、強い表情とジェスチャーで視線を引き付けた。形を大きく変えるパフォーマンスは、IMFACTのダイナミックな魅力を高めた。