BTOB ソンジェ、ドラマ「鬼」撮影現場の写真を公開…洗練されたスーツ姿に“視線釘付け”

写真拡大

BTOBのソンジェが破格的な茶系のスーツを着て、ラグジュアリーな鬼の家臣ユ・ドクファに完璧に変身した。

12月2日の午後8時に放送をスタートする予定のtvN10周年特別企画金土ドラマ「わびしく燦爛な神(しん)−鬼」(以下、鬼) (脚本:キム・ウンスク、演出:イ・ウンボク) でソンジェは、屈指の企業の長孫兼財閥3世であり、13代目に鬼を仕える家臣の4代続いて一人息子であるユ・ドクファ役を演じた。鬼のコン・ユを仕える鬼の臣下として変わった姿を披露すると予想される。

ソンジェは爽やかな雰囲気を披露し、個性溢れる魅力をアピールした初撮影の現場が視線を引き付ける。華やかな茶系のチェックのスーツを着たソンジェが、本屋で暖かい眼差しで誰かを見つめている姿を見せ、好奇心を刺激している。約1年2ヶ月ぶりにドラマに復帰したソンジェが演じる“鬼の家臣”ユ・ドクファは、どんな人物であるのか、関心を集めている。

ソンジェの初撮影は9月19日、京畿道(キョンギド) 富川(プチョン) 市のある本屋で行われた。ソンジェは撮影時間より早めに現場に到着し、イ・ウンボク監督とスタッフたちに礼儀正しく挨拶した。

ソンジェは撮影を待つ瞬間にも手から台本を離せず、練習に没頭する姿を披露するなど、初撮影に対して特別な愛情を示した。また撮影準備中、特有の爽やかで明るい笑顔を見せ、撮影現場で和気藹々とした雰囲気を演出した。

また、撮影が始まると、ソンジェは可愛くて溌剌とした笑顔と共にキャラクターとシンクロ率100%を誇示する感情演技で、見る人たちを感心させた。細かいジェスチャーまでイ・ウンボク監督に質問し、自身の感じを伝えるなどユ・ドクファを完成させるため、最善を尽くしたのだ。短いシーンだったにも関わらず、初撮影のために完璧に準備してきたソンジェの情熱が撮影現場を盛り上げた。

制作会社側は「ソンジェは見栄っ張りとほら吹き、コミカルな演技はもちろん、暖かくて優しい性格まで全部備えた鬼の家臣ユ・ドクファ役に相応しいキャスティグだ。不滅の人生を生きる鬼コン・ユの傍で、特有の溌剌とした魅力をアピールするソンジェの活躍を期待してほしい」と話した。

「わびしく燦爛な神(しん)−鬼」は名実共に“ロマンスコメディーの代価”キム・ウンスク作家と、“ヒット作メーカー”イ・ウンボク監督が「太陽の末裔」以降再度意気投合した作品だ。コン・ユ、イ・ドンウク、キム・ゴウン、ユ・インナ、BTOBのソンジェなど、韓国の国民的俳優が総出動し、今まで韓国では見られなかったファンタジーロマンスコメディーの誕生を予告している。「The K2」の後番組で、12月2日午後8時から韓国で放送開始される。