日本では多くの家庭が「家の中では靴を脱ぐ」ことを習慣としているだろう。中国の場合は家の中では靴を脱ぐ家庭もあれば、脱がない家庭もあるなど、まちまちなのが現状であり、日本のように絶対的な習慣ではない。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本では多くの家庭が「家の中では靴を脱ぐ」ことを習慣としているだろう。中国の場合は家の中では靴を脱ぐ家庭もあれば、脱がない家庭もあるなど、まちまちなのが現状であり、日本のように絶対的な習慣ではない。

 また、日本では学校やトイレなどでも靴を履き替えるという習慣が存在しているが、中国では学校でも上履きに履き替えることはせず、トイレでもトイレ用のスリッパなどは基本的に使わず、履き替えは行わないことが多い。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人が屋内に入るときに靴を脱ぐ理由について考察し、このテーマに対するネットユーザーからのコメントを掲載している。

 記事は、このテーマに対する考察として、日本人は畳の上で寝る習慣があったため、寝る場所を靴を脱がずに歩いて汚すことを避けたことが、靴を脱ぐ習慣につながったのではないかと考察。また、日本ではかつて「正座」など床に直接座る風習があったことを指摘したうえで、靴を脱がなければ正座しにくいという点も「屋内では靴を脱ぐ」習慣につながったと分析した。

 靴を脱ぐ文化は、日本人の生活の一部分だと言える。日本の家屋では玄関に「段差」があり、そこは「履物を脱ぐ」場所であることが示されている。また廊下と畳部屋にもわずかな「段差」があり、そこではスリッパも脱ぐ必要があることが一般的だ。

 日本家屋では一般的な玄関の段差は中国の一般家庭の住居には存在しないのが普通だ。こうした住居の造りの違いは、靴を脱いで屋内に入るという日本の文化と、靴を脱ぐか脱がないかは個人の自由という中国との違いをはっきり示す存在と言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)