<三井住友VISA太平洋マスターズ 2日◇11日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>
 太平洋クラブ御殿場コースで開催中の国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」の2日目。松山英樹が2ストローク伸ばし、トータル9アンダーでパク・サンヒョン(韓国)と首位に並び前半を折り返した。
松山英樹、今大会で使うドライバーはどれ??
 
 悪天候による影響で1時間遅れてティオフした松山は3番・6番とバーディを先行。8番でボギーを叩き2位に後退するも、前半の上がり9番でバーディを奪取。再び首位に浮上し後半に突入する。
 1打差の3位タイにソン・ヨンハン、S・H・キム、イ・キョンフン(共に韓国)、2打差6位タイに宮本勝昌、スコット・ストレンジ(オーストラリア)がつけている。
 松山と同組のアマチュア・比嘉一貴と賞金ランク首位の谷原秀人は、共にトータル3オーバー67位タイとしている。また、昨年覇者の片山晋呉は1つスコアを伸ばし、トータル2アンダー35位タイ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>