「マンツーマン」パク・ヘジン&チョン・マンシク、撮影現場の写真を公開…2人のブロマンスに“高まる期待”

写真拡大

JTBCの新ドラマ「マンツーマン」が完璧なブロマンス(男同士の友情) を披露する。

11日、JTBC新ドラマ「マンツーマン」(脚本:キム・ウォンソク、演出:イ・チャンミン) の制作会社は、劇中でキム・ソル、イ・ドンヒョン役を務めたパク・ヘジンとチョン・マンシクの姿が捉えられた写真を初めて公開した。

1枚目の写真で、2人は「マンツーマン」の台本を持ち明るい笑顔で肩を組んでいる。別の写真では妙な緊張感が漂う2人の撮影シーンが捉えられ、視線を引きつける。視線を下に向けているパク・ヘジンと、彼の行動をじっと見ているチョン・マンシクがコントラストをなし、劇中で2人の間に何があったのか好奇心を刺激される。

最近、映画「阿修羅」で強烈な印象を与えたチョン・マンシクは、「マンツーマン」で国家情報院のゴースト要員キム・ソルに、秘密の司令を出す国家情報院出身の最高検察庁公安部の検察官で、責任監のイ・ドンヒョン役を務める。

これまでの強いイメージを脱ぎ捨て、忘れた頃にティンカーベルのように現れるキム・ソルの頼もしい協力者として、並外れた存在感をアピールする予定だ。

制作陣によると、パク・ヘジンとチョン・マンシクは今回のドラマを通じて初めて会ったにもかかわらず、初撮影の時から元々の知り合いのように和気藹々とした雰囲気の中で息ぴったりの相性を見せたという。

これと共に追加で公開された写真では、ドラマのリーダーであるイ・チャンミンプロデューサーとパク・ヘジンの姿が捉えられ、俳優とプロデューサーを超える驚くべきケミ(ケミストリー、相手との相性) を予告し、今後誕生するドラマの中のブロマンスの饗宴にさらに期待を高めた。

「マンツーマン」は超人気韓流スターのヨ・ウングァン(パク・ソンウン) の警護を引き受けた国家情報院のゴースト要員のキム・ソウと、彼を取り巻く隠された男(Man) たちの活躍を描くドラマで、韓国で来年上半期の放送を目標に現在撮影が進んでいる。