写真提供:マイナビニュース

写真拡大

さっぽろホワイトイルミネーション実行委員会は11月18日、「第36回 さっぽろホワイトイルミネーション 2016-2017」を北海道札幌市の3会場にて開催する。

同企画は、1981年から始まった札幌を彩る風物詩のイルミネーションイベント。年々その規模・内容ともに充実し、国内を代表するイベントに成長している。

36回目となる今回は、大通公園会場にシンボルオブジェを設置するほか、札幌駅前通、南一条通も会場に立木装飾が彩る。さらに、大通会場では装飾エリアを1〜8丁目までに拡大するとのこと。

装飾にはバイオディーゼル燃料充電も活用し、LEDを9割以上使用。自然に考慮しながらも、まるで星空が地上に降りてきたかのような輝きを演出するという。

開催日程は、大通会場が11月18日〜12月25日、駅前通会場が11月18日〜2017年2月12日、南一条通会場が11月18日〜2017年3月14日。点灯時間は、各エリア16時30分〜22時(12月23日〜25日は24時まで)。

(フォルサ)