10日、韓国メディアによると、18年に韓国で開かれる平昌五輪で、「冬季五輪の花」とも言えるフィギュアスケート競技が異例の午前開催となる見通しが濃くなっている。資料写真。

写真拡大

2016年11月10日、韓国・聯合ニュースなどによると、18年に韓国で開かれる平昌五輪で、「冬季五輪の花」とも言えるフィギュアスケート競技が異例の午前開催となる見通しが濃くなっている。

平昌冬季五輪組織委員会関係者は9日、国際オリンピック委員会(IOC)と種目別の国際競技連盟(IF)による日付・時間の詳細な日程調整が進む中で「フィギュアスケートは午前に開かれることになっている」と明らかにした。具体的には韓国時間(日本時間同じ)で午前10時開始、午後2時には終了予定という。

冬季五輪でも一番の人気種目であるフィギュアスケートは、夕方から夜の時間帯の開催が一般的だ。前回の冬季五輪ソチ大会でも、夕刻に始まり夜遅くに終了する日程で実施された。今回の平昌五輪の判断には、五輪主管放送局でありIOCに多額の投資をした米NBCの影響が強く働いたとみられている。韓国時間の午前10時は米国東部時間で午後8時(西部で午後5時)、午後2時は同午前0時(西部で午後9時)に当たり、フィギュアは米国の視聴者にとって観戦に最適な時間となるのだ。しかし一方、出場する選手らは早朝からのウォーミングアップを強いられる可能性が高い。

午前開催となれば日本でもライブ中継での観戦が一般に難しくなることが予想されるが、韓国のネットユーザーからも不満の声が多数寄せられている。

「五輪はキャンセルすべき」
「やめておこうよ。国がめちゃめちゃなのに笑って楽しむなんてできないよ」
「米国の顔色をうかがうくらいなら、なぜそもそも誘致した?」
「それなら五輪はいつも米国でやればいいだろ」

「これはないよ。選手のコンディションが一番大事なのに」
「いくらお金が大事だといっても、さすがに五輪の基本理念と開催国のプライドを守って決めるべきだ」
「1988年のソウル五輪の時も同じようなものだった。弱い者の悲哀だな」

「韓国で開催するのになぜか時差を心配しないといけないわが選手たち…」
「歴代最悪の冬季五輪になりそう」
「資本力に押されるのはどうしようもないのかな。まあ、韓国はキム・ヨナ引退以降フィギュアはまた不人気種目になったから関係ないけどね」(翻訳・編集/吉金)