11日、澎湃新聞によると、今年6月にグランドオープンした中国・上海ディズニーランドの周辺エリアで、植えられている花が次々と盗まれるという問題が起きている。

写真拡大

2016年11月11日、澎湃新聞によると、今年6月にグランドオープンした中国・上海ディズニーランドの周辺エリアで、植えられている花が次々と盗まれるという問題が起きている。

同市公安局浦東分局は10日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)を通して「複数回にわたって花を盗んだとみられる容疑者2人をこのほど逮捕した」と発表した。逮捕されたのは中年の夫婦で、2人には植えられていた「ユリオプスデージー」150キロを盗んだ疑いが持たれている。夫の方は「10月下旬から深夜に車で現地に行くようになった。直近では1度に2500株ほど刈った。手に入れた花は近くの街で販売する計画だった」などと説明。現地ではほかにも9月下旬から今月上旬にかけて同様の容疑で十数人が逮捕されており、被害金額はおよそ30万元(約470万円)に。警察関係者の1人は「どの容疑者も大きな袋いっぱいに花を詰めて持ち去っている。その重さは100〜150キロに上る」とコメントしている。(翻訳・編集/野谷)