ZARDのライブDVD「ZARD 25th Anniversary LIVE “What a beautiful memory”」は12月7日(水)に発売

写真拡大

11月4日に放送された「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)の'93年特集で、楽曲や制作エピソードが紹介されると、2月10日にリリースされたオールタイムベストアルバム『ZARD Forever Best 〜25th Anniversary〜』が再びオリコンデイリーランキングTOP100にランクインし、デビュー25周年を迎えてなお輝きを増すZARD。

【写真を見る】今回のライブDVDもZARDファンなら必携の“永久保存盤”だ!

そしてこのたび、そんなZARDの最新作となるZARD25周年ライブDVD「ZARD 25th Anniversary LIVE “What a beautiful memory”」のアートワークが公開された。

パッケージは、坂井泉水が好きだった色でもある“青”を基調にした洗練されたデザイン。大ヒットシングル「揺れる想い」や「心を開いて」、夏のセレクションアルバム『ZARD BLEND 〜SUN & STONE〜』、ベストアルバム『ZARD BEST The Single Collection 〜軌跡〜』のジャケットでも印象的な“青”が配されており、ZARDのイメージカラーとしても定着している。

それもあって、青はスタッフやファンの間で“ZARDブルー”と呼ばれ、特に思い入れが強い色となっている。

DVDが収納される中面のジャケットは、マイクを持つ坂井の姿とライブ会場の写真でデザイン。坂井のみずみずしい歌声と映像、バンドの生演奏によってZARDサウンドがステージで再現され、そのサウンドとオーディエンスの思いとが共鳴して生まれた感動の空間がイメージされている。

さらに、ライブが収録されたDISC1とDISC2は、フルカラーのピクチャーレーベル仕様。これまで1色印刷によるデザインはあったものの、写真の再現性が高いオフセットによるフルカラー印刷はZARDでは初となる。

デビュー25周年…四半世紀という大きな区切りの年に行われた今回のライブ。「負けないで」「揺れる想い」「マイ フレンド」といった大ヒットナンバーや初公開の歌唱映像4曲も含め、演奏曲が完全収録された今作はまさに“永久保存盤”。

映像はもちろん永久保存版にふさわしい、ずっと手元に置いておきたい“ZARDらしい”アートワークも楽しんでほしい。