釘宮が演じるのは主人公の相棒、犬のぬいぐるみジョイ/[c]2017 ひるね姫製作委員会

写真拡大

「東のエデン」「精霊の守り人」などの人気シリーズを手掛けた神山健治監督による新作アニメ『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』(17年3月18日公開)。主人公を演じる高畑充希をはじめ、江口洋介、満島真之介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹らの参加が発表された本作に、新たなキャストとして、「アイドルマスター」などで活躍する声優・釘宮理恵の参加が決定。森川ココネの相棒で犬のぬいぐるみ・ジョイを演じる。

【写真を見る】主人公の声を演じる高畑充希のほか、豪華キャストがそろった/[c]2017 ひるね姫製作委員会

柴犬をモチーフにデザインされたジョイは、ポスターではココネの胸に抱かれるぬいぐるみ。ただ、自らの意思を持って動き、物語では非常に重要なキャラクターであるという。釘宮はジョイの魅力について「一つ一つのアクションが大変可愛らしいのに、ハートはしっかり男の子っぽくナイト然としていて、そのギャップにキュンとします」とコメント。

東京オリンピックが迫る2020年夏の岡山県倉敷市を舞台に、父親・モモタロー(江口)と二人暮らしする女子高生・森川ココネ(高畑)の物語が描かれる本作。神山監督の演出はもちろん、監督と何度もタッグを組んできた森川聡子にデザインされたキャラクターたちが、豪華なキャストによってどれだけ魅力的に見えるかも楽しみだ。【Movie Walker】