『東京ウィンドオーケストラ』ポスタービジュアル ©松竹ブロードキャスティング

写真拡大

映画『東京ウィンドオーケストラ』の予告編が公開された。

2017年1月21日から公開される同作は、沖田修一監督の『滝を見にいく』、橋口亮輔監督の『恋人たち』に続き、松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第3弾作品として制作されたもの。屋久島を舞台に、有名オーケストラと間違ってアマチュア楽団を島に呼んでしまった町役場の職員・樋口が、彼らを本当の有名楽団だと騙し通そうとする様を描く。

メガホンを取ったのは、東京藝術大学大学院映像研究科の修了作品『神奈川芸術大学映像学科研究室』で注目を集め、監督作『エキストランド』の公開も控える坂下雄一郎。オリジナル脚本で商業映画デビューを果たす。主演を務めるのは中西美帆。アマチュア楽団の団員をワークショップで選出された新人俳優たちが演じる。

【予告編と画像を見る(11枚)】

予告編では、自分のミスに気がついた樋口の姿や、アマチュア楽団だと気がつかずに彼らの到着に感激する上司の様子が映し出されているほか、騒動の巻き込まれた楽団員たちが逃げ出そうとするシーンや、「このまま本物ってことでいきましょう」と話す樋口のセリフが確認できる。

あわせて松竹ブロードキャスティングオリジナル映画プロジェクトの第1弾作品である『滝を見にいく』の監督・沖田修一が同作に寄せたコメントが公開されている。

■沖田修一のコメント
登場人物たちが、大人なのに、まるで子供のようでした。
いざとなったら、案外そんなものかもしれません。不思議とそれが可愛らしくもあります。