9日、中国ではトラックが道路で横転すると、散らばった積荷を周辺住民が強奪するトラブルがたびたび発生している。6日には江西省宜春市でミカンを積んだトラックが横転し積荷が散乱。勝手に持ち去る住民につかみかかる運転手が暴行を受ける騒動に発展した。

写真拡大

2016年11月9日、中国ではトラックが道路で横転すると、散らばった積荷を周辺住民が強奪するトラブルがたびたび発生している。6日には江西省宜春市でミカンを積んだトラックが横転し積荷が散乱。勝手に持ち去る住民につかみかかる運転手が暴行を受ける騒動に発展した。揚子晩報が伝えた。

運転手によると、運転中にトラックの後部がふらつきハンドルが取られガードレールに衝突した。トラックはそのまま横転し、積荷のミカンが散乱した。知らせを聞きつけた周辺住民は「ミカンの回収を手伝う」と拾っていたが、そのうち勝手に持ち去り始めた。

中にはかごごと持ち去ろうとする者も現れ、制止しても耳を貸さないことに憤慨した運転手がこぶしを振り上げると、別の住民も加わり運転手に暴行を加えた。トラックには1万元(約15万円)余りのミカンが積まれていたが、残ったのはわずかだったという。

住民らの強奪に加え、運転手は10月末に借金して買ったばかりのトラックで長距離移動は初めてだったと語っており、落胆してうずくまり涙を流していた。(翻訳・編集/内山)