スマートフォンのステーション検索画面と自転車の予約画面のイメージ(写真:ソフトバンク発表資料より)

写真拡大

 ソフトバンクと同社の子会社OpenStreetは10日、自転車シェアリングサービス運営事業者と提携し、IoTを活用したシェアリングシステム「HELLO CYCLING」によるサービスを展開すると発表した。

 同サービスでは、自転車のシェアリングサービス利用者に対して、スマートフォンやパソコンで駐輪場(ステーション)の検索や自転車の利用予約、決済までの手続きを簡単に可能とする。シェアリングした自転車は「HELLO CYCLING」に登録されたすべてのステーションで返却でき、目的地への便利な移動手段を提供する。

 自転車シェアリングサービス運営事業者は、GPSと通信機能を搭載した「スマートロック」と専用の操作パネルを自転車に取り付けることで「HELLO CYCLING」を導入できる。利用者への使用料金は、利用状況やステーションの空き状況などに応じてリアルタイムで管理画面から設定可能。

 提携第一弾として、11日から東京都中野区で「HELLO CYCLING」を活用した自転車シェアリングサービスを開始する。料金は27日までのイベント期間の特別料金として1時間100円、1日800円(いずれも税抜)。営業時間は24時間。

 サービス利用者は、交通系ICカードを「HELLO CYCLING」に登録すると、自転車に設置された操作パネルにそのICカードをタッチするだけで「スマートロック」を開錠でき、予約をせずに自転車を利用できる。「HELLO CYCLING」に登録されたステーションであれば、借用元とは異なる事業者が管理する他エリアのステーションでも自転車の返却ができる。1アカウントで最大4台の自転車が同時利用可能。