予選未勝利のベネズエラがホセフ・マルティネスのハットなどでボリビアを5発粉砕し最下位脱出!《ロシアW杯南米予選》

写真拡大

▽ロシア・ワールドカップ南米予選第11節のベネズエラ代表vsボリビア代表が現地時間10日に行われ、ホームのベネズエラが5-0で勝利した。

▽10試合を終え勝ち点2の最下位に位置するベネズエラと、勝ち点4で9位につけるボリビアの一戦。最下位のベネズエラの攻撃陣が爆発した。

▽3分、自陣からのロングフィードに反応したJ・ムリージョがボックスの右からダイレクトでクロス。GKが飛び出しており、無人のゴールとなるがDFがクリア。しかし、これを左サイドから走り込んだコファーティがヘッドで押し込み、ベネズエラが先制する。

▽さらに10分には、左サイドからのCKを得ると、オテロのクロスをホセフ・マルティネスがヘッドで沈め、ベネズエラがリードを広げる。

▽そのまま2点リードで迎えた後半も、ベネズエラがゴールラッシュ。67分には、右CKからビスカルロンドがヘッド。これをGKが弾くも、ホセフ・マルティネスが詰めてベネズエラがリードを3点とする。さらに70分には、サンブラーノの浮き球のパスに反応したホセフ・マルティネスがゴールを奪いハットトリックを達成。ベネズエラが4-0とする。

▽勢いが止まらないベネズエラは74分、右サイドを崩し抉ったJ・ムリージョが中央へ折り返すと、ゴール前を通過したボールをオテロが詰めて、リードを5点に広げる。ボリビアは反撃する力もなくそのまま試合は終了。5-0でベネズエラが快勝を収めた。