インスタグラムがストーリー機能を強化、「ブーメラン」統合で広告活用促進

写真拡大

インスタグラムがスナップチャットに対抗し8月に導入した「ストーリー」は、既に1億人のデイリーアクティブユーザー(DAU)を生み出した。フェイスブック傘下のインスタグラムは、新機能の「ブーメラン(Boomerang)」をそこに追加した。

ブーメランは再生・逆再生が可能なミニビデオで、これまで別アプリで提供されていた機能だが、今後はインスタグラムのアプリ内から撮影しストーリーに追加可能になる。メンション機能も導入され、アカウント名の前に”@”マークを付けてテキスト欄に入力する。

この機能を用いれば友人と一緒にいるときや、気になる誰かを思い出した際に、ストーリーで相手のインスタグラムプロフィールをメンションし、瞬間を共有することが可能になる。

また、現状は認証マーク付きのアカウント限定の機能だが、外部リンクの「もっと見る」も利用可能になった。これにより、料理のレシピやニュース記事、コマースサイトのリンク等が挿入可能になる。

インスタグラムでプロダクトマネージャーを務めるネイサン・シャープは電話インタビューで「新機能の導入により、さらにリッチなユーザー体験が可能になりました。日常の何気ない瞬間が驚きと発見に満ちたものになります」と述べた。

売上は「年内2,000億円突破」予測も

メンションされたユーザー名はストーリー内でアンダーライン付きで表示され、メンションを受けた場合にはアプリから通知が届く。フォローしていないユーザーでもメンションは可能だ。ブーメラン動画はスマートフォンのフロントカメラ、リアカメラ双方での撮影が可能だ。

「ストーリー機能は日常の出来事を投稿するためにありますが、ブーメラン機能により、ありふれた日常がより楽しいものになります」とシャープは述べた。

ブーメランは有名人やインスタグラムのインフルエンサーらにとって、非常に強力なツールになり、ブランド告知にも利用が見込まれる。もちろん、一般ユーザーたちからも大きな支持を集めるはずだ。

ミレニアル世代のスマホの動画視聴時間の獲得をめぐり、インスタグラムはスナップチャットとし烈な競争を繰り広げている。彼らがテレビから奪い取る広告予算は700億ドル(約7.5兆円)とも言われる。

スナップチャットは現在、1億5,000万人のDAUを誇り、米国とカナダで6,000万人以上のDAUを獲得している。これはフェイスブックが同地域で獲得した1億1,500万人のDAUの三分の一に相当する。

調査企業eMarketerはスナップチャットが2007年に10億ドル近い売上を達成すると予測。対するインスタグラムは今年中に18億5,000万ドル(約2,000億円)を生むと見ている。スナップチャットは来年、Snap Incとの企業名で上場すると報道されている。