沈黙 -サイレンス-

写真拡大

戦後日本文学の最高峰とも称される遠藤周作の「沈黙」を、巨匠マーティン・スコセッシ監督が完全映画化した『沈黙−サイレンス−』。アカデミー賞最有力と注目される本作は、スコセッシが1988年に原作と出会ってから28年、読んだ瞬間に映画化を希望し、長年に渡り暖め続けてきたという待望のプロジェクトだ。この度、アンドリュー・ガーフィールドが演じる本作の主人公ロドリゴの姿をとらえた場面写真が解禁となった。

本作でガーフィールドが演じるのは、ポルトガル人の若き宣教師ロドリゴだ。日本に渡ったフェレイラ(リーアム・ニーソン)が棄教したとされる師の真実を確かめるために同僚のガルペ(アダム・ドライヴァー)と共に日本を目指す。長い旅の中継地であるマカオで出会った日本人キチジロー(窪塚洋介)に導かれ、長崎へとたどり着く。無事に到着したのもつかの間、苛烈な切支丹弾圧を行う長崎奉行の目を逃れ、敬虔な信者であるモキチ(塚本晋也)らが暮らすトモギ村に匿われることになる。

今回公開された画像は、ガルペと共に潜伏を続けていたロドリゴが、つかの間の休息を求め隠れ家から外に出た姿をとらえた場面写真だ。降り注ぐ陽光によって浮かびあがるその顔には、手入れされていない髪に無精ヒゲが伸び盛っている。だが、彼の表情には、輝ける未来を信じる信念が宿り、その瞳は輝きに満ちている。どんな苦難にも耐える信念を胸に秘めたロドリゴだが、この先には過酷な試練が待ち受けていることになる...。

世界的な巨匠スコセッシの演出によって、アンドリューが更なる輝きを放つ。肉体面だけではなく、精神的な表現が必要となる難役に挑んだ若き俳優にオスカーは微笑むことになるのか。レベルアップしたその演技に期待は高まるばかりだ。

『沈黙−サイレンス−』は2017年1月21日(土)より全国ロードショー(海外ドラマNAVI)