木南晴夏&藤本泉が一青姉妹を演じる (C)一青妙/講談社
(C)2016「ママ、ごはんまだ?」製作委員会

写真拡大

 一青妙によるエッセイを実写化した日本・台湾合作映画「ママ、ごはんまだ?」が、2017年2月11日に公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアルがお披露目された。妙をはじめ、妹で歌手の一青窈、そして台湾人の父と日本人の母の絆を描いた今作。ポスターでは、物語を彩る台湾家庭料理とともに、妙役の木南晴夏、窈役の藤本泉の姿が切り取られている。

 「能登の花ヨメ」「劇場版 神戸在住」などで知られる白羽弥仁監督がメガホンをとり、石川・中能登町の町制10周年記念事業として製作。一青姉妹のルーツである中能登町や台湾などでロケを敢行し、料理を通じて母と子、家族の血縁を確かめていくさまを映し出した。

 今作は、10月にスペインで開催された第64回サン・セバスチャン国際映画祭の「キュリナリー部門」に正式出品。甲本雅裕、春風亭昇太、河合美智子らが共演し、窈が主題歌「空音」を書き下ろしている。さらにクックパッド公式キッチン(http://cookpad.com/kitchen/15685470)では、辻調理師専門学校の協力・監修のもと、劇中に登場する台湾料理のレシピが紹介されている。

 「ママ、ごはんまだ?」は、17年2月11日から東京・角川シネマ新宿ほか全国で順次公開。