写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Kaizen Platformは11日、近年需要が増加しているインバウンド・越境ECにおけるUI/UX改善ソリューションの提供を開始した。

同社はWebのUI改善ソリューション「Kaizen Platform」および広告バナーデザインの改善ソリューション「KAIZEN Ad」を運営しており、今回新たに中国・台湾・韓国・タイ・ベトナムといった国々に適したWebサービスと広告バナークリエイティブの改善に関する改善ソリューションの提供を開始する。

前述の各国において、現地パートナーを中心にデザイナーのネットワーク化を推進し、現地のデザイナーたちによるデザインの提供を可能にするという。ページ翻訳から現地デザイナーによる改善案のA/Bテスト実施までを包括する、継続的なUI/UX改善ソリューションをワンストップで提供する。料金は、5ヵ国対応・3カ月からの利用で、約500万円(税別)からとなっている。