中国の公演をキャンセルしたケイティ・ペリー (c)Imagecollect.

写真拡大

歌手のケイティ・ペリーが、中国のネット通販のイベント「Alibaba Double 11」の出演をキャンセルしていたことが分かった。

中国で11月11日は「独身の日」と呼ばれ、ネットショッピングの大規模なセールが行われるとのこと。ケイティはネット通販グループ「アリババ」のアンバサダーに選ばれていて、中国広東省の深セン市で行われるイベント「Alibaba Double 11」にバンド「One Republic」やNBA選手のコービー・ブライアントらと出席する予定だったという。

しかし、ケイティは現地時間9日に中国のSNSウェイボーで、「残念ですが、家族の緊急事態でAlibaba Double 11の出席をキャンセルしなくてはいけなくなりました」「ファンをガッカリさせてしまって本当に申し訳ありません。すぐに中国で皆さんに会えるのをたのしみにしています」と投稿。ケイティの代わりに元サッカー選手のデヴィッド・ベッカムが出席することになったそうだ。

ケイティの家族に何があったのかは明らかになっていないが、ケイティは大統領選挙に向けてヒラリー・クリントン氏を強く支持していたため、現地時間9日にドナルド・トランプ氏が当選したことで大きなショックを受けていただろう。彼女は両親がトランプ氏に投票したことを告白していた。ケイティは大統領選後、ツイッターのプロフィール写真を真っ黒の画像に変更し、正しいことのために戦うとつぶやいていた。