北朝鮮から中国へ戻ってくるトラック(中朝友誼橋)

写真拡大

 8月末、観測史上初めて東北地方へ直撃した台風10号は日本を通過後、9月上旬にかけて北朝鮮東北部へ洪水被害をもたらせた。中国吉林省図們と川を挟み隣り合う北朝鮮南陽は洪水で特に甚大な被害を受けた。

 朝鮮中央テレビが、解放(1945年8月15日)以来、最大の洪水被害と伝え、138人死亡、約400人が行方不明、75万人ほどが家を失うなどで支援を必要としてるという。10月末、現地を視察した国際赤十字の視察団が国際的な支援の必要性を訴えるも支援の輪は広がってない。

 洪水発生から2か月ほどが経過した11月に入り中国政府は、北朝鮮への緊急支援物資として総額2000万元(約3億円)分を無償提供すると決めたと11月3日に報じられた。

 中国は、なぜ2か月も経過してからの支援を決定したのだろうか。

 通常、大災害が発生すれば、迅速に支援が決定、発表され生存者救助など時間との勝負となることが多い。今回の中国の支援決定は北朝鮮から要請を受けてのことだという。

 しかし、こんな話もある。洪水発生後、被災地域に隣接する図們や延吉への脱北者が急増し、国境警備を厳重にするなど中国政府は緊張を強いられており、これ以上の脱北者流入を防ぐために支援を決定したのではないかと中国関係筋は語る。

 中国が北朝鮮を継続的に支援する理由は、指導者同士の絆でも、歴史的な経緯でも、人道主義でもない。北朝鮮が消滅することは即ち米軍基地が中国の目と鼻の先までせり上がってくることを意味し、そうなると中国にとっては安全保障上の重大な脅威となるからだ。また、北朝鮮からの大量の難民が中国の少数民族朝鮮族と結託して反政府勢力になることも恐れているとも言われる。今でも中国は原則デモやストライキなど人が集まることを禁止しており、常に監視し、神経を尖らせているくらいだ。

 また、こんな話も囁かれている。実は、中国からの支援は10月中旬くらいから非公式に行われていたというのだ。

「丹東から支援物質を積んでいることを示す垂れ幕を掲げたトラックが、中朝友誼橋を毎日のように通過しています。10月中旬意向、台数が目立つようになりました」(丹東の中朝貿易関係者)

 しかし、だとすると疑問になってくるのは、丹東から被災地は遠すぎるということだ。丹東から新義州へ入り鴨緑江にそって被災地域へ行く幹線路がないため遠回りを余儀なくされる。中朝友誼橋は、完成してから73年以上経過しているため通過する車両を10トンまでに制限しているが、10トン級トラックが走れる道は新義州からだと首都平壌まで行き、そこから日本海側の元山を経由して行く必要がある。

 支援物資を確実に早く届けるなら大きな被害を出した南陽へ隣接する図們から入れるのが最短であり、中国はすでに各都市を結ぶ高速道路網を完成させているので、丹東からだと吉林経由で10時間ほどで到着できる。平壌経由よりどう考えても早い。

 「支援トラックの中身は誰も分かっておらず、仲間内では食料品以外にも宝飾品なども含まれていると噂になっています。しかも、多くのトラックは平壌止まりで被災地域まで行かず実質的に単なる交易になっているようです」(前出の貿易関係者)

 2か月遅れの決定ということで、さまざまな憶測を呼んでいる中国による北朝鮮洪水被害への支援。噂のような単なる密貿易でなく、洪水被害にあったところに支援物資がきちんと届くことを願わずにいられない。

<取材・文/中野鷹>