ロブ・カーダシアンと妊娠していた時のブラック・チャイナ (c)Imagecollect.

写真拡大

リアリティースターのロブ・カーダシアンに現地時間10日、第1子となる女の子が誕生した。

ロブはリアリティースターのキム・カーダシアンの弟で、2007年から家族で「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」に出演して有名に。そんなロブは今年1月からチャイナと交際をスタートし、今年4月に婚約を発表。その後妊娠も明らかになった。チャイナはロブの妹カイリー・ジェナーの恋人タイガと以前婚約していたことがあり、タイガとの間に4歳の息子がいてかなり複雑な状況である。

そして、チャイナが現地時間10日の朝、ロサンゼルスにある病院で女の子を出産したとゴシップサイト「E!ニュース」は伝えた。女の子はドリーム・レネー・カーダシアンと名付けられている。同サイトは涙で目が濡れているドリームちゃんの写真も初公開していて、ドリームちゃんは父ロブの指を握っていた。

ロブの姉コートニーとキムには子供がいるが、ロブがカーダシアン家の唯一の男のため、今回一家に初めてカーダシアンの苗字を継ぐベビーが誕生したことになる。チャイナの出産の様子は2人のリアリティー番組のスペシャル「Rob & Chyna Baby Special」で来月放送される予定だ。