画像

写真拡大 (全2枚)

 東日本高速道路は、人工知能テクノロジーを用いた対話システム開発を手掛けるNextremerと共同で、人工知能を活用した「対話接客システム」の実証実験を行う。

 人工知能(以下、AI)テクノロジーを用いた対話システム開発を手掛けるNextremerは、東日本高速道路と共同研究契約を締結し、高速道路サービスエリア(以下、SA)へのAIを活用した「対話接客システム」の実証実験実施を決定した。

 今回の実証実験では、関越自動車道下り線の高坂SAに湖池屋のキャラクターであるスリーポリンキ−ズが来場者の質問に答える「対話接客システム」を設置し、実用化の検証を行う。実施期間は2016年11月19日(土)から2017年3月31日(金)までを予定している。

 同システムでは、Nextremerの自然言語処理を用いた対話型インターフェースソフトウェア「MINARAI」を採用。これにより、AIが答えられない質問などが出てきた場合、人間のオペレーターに切り替わり対応することができる。さらに、その対応をAIが学習することでより高度な会話を実現する。

 なお、今回の実証実験ではオペレーターによる対応については検証の対象としておらず、緊急時はインフォメーション担当者が対応する。

MarkeZine編集部[著]