中国では11月11日の「独身の日」を控え、独身者が再び社会の注目を集めている。「独身貴族」は数の上で女性が男性を上回るという。資料写真。

写真拡大

11月11日「独身の日」が近づき、独身者が再び社会の注目を集めている。出会い系サイト「珍愛網」が7日に発表した「独身者の現状報告書(2016年第3期)」によると、月給8000元(1元は約15.4円)以上で、独身貴族の女性は男性の数を上回る。また、上海、杭州のハネムーンの予算は、その他の地域を上回るという。北京晨報が伝えた。

独身者経済、独身貴族は女性が多め

月平均の可処分所得が8000元以上の独身者を、ここでは独身貴族と定義する。上海は独身者が占める割合が最も高く、次に北京、深セン、杭州、広州の順となっている。報告書によると、独身貴族のうち女性が男性の数を上回っている。一線都市では、経済的に自立した、高い消費能力を持つ独身女性が増加傾向にある。

また報告書によると、可処分所得が3000−5000元の独身者が過半数を占め、5000−8000元は3割弱で、8000元以上は1割に達している。

ハネムーン、過半数が海外旅行を選択

リサーチによると、回答者(男女)の58.17%は国内旅行の方が時間的に余裕があると考えているが、海外旅行を選択することでハネムーンのより良い記念になるとした。うち女性は72.15%と高かった。旅行先を見ると、「ロマンチックな島国」や「美しい自然風景」といった要素により、豪州が45.6%で最も人気が高かった。2位は北欧。独身者の3割弱は、スイスやデンマークなどの北欧諸国は絵本のような国で、ハネムーンも絵本のように美しいものになると考えている。ちなみに3位は国内旅行となった。

報告書によると、ハネムーンの支出ランキングは、月平均の可処分所得ランキングとほぼ同様になった。上海と杭州の独身者7割は、ハネムーンで1人当たり平均1万元以上を支出することが明らかとなった。次は北京で、1万元以上が全体の6割以上を占めた。一方で長沙、西安、済南の独身者は、ハネムーンにあまり支出しないと回答した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)