11月10日に開幕したサンパウロ国際モーターショーで、ホンダが新型コンパクトSUV「WR-V」の市販予定車をワールドプレミアしました。

1

Honda R&D ブラジルで開発が行われ、タフでありながら都会的なSUVデザインと高いユーティリティー、広い室内空間をコンパクトなボディーサイズで実現したといいます。

優れた燃費性能と安定したハンドリング性能を兼ね備え、日常生活からレジャーまで、アクティブに生活を楽しむユーザーの期待に応えるモデルとして、2017年前半に発売を予定しているそうです。

ブラジルでは同社のSUV「CR-V」と「HR-V」が若い世代を中心に人気を集めており、現地顧客の声を開発に活かした、より小型の「WR-V」を投入することで、さらに需要を掘り起こしたい考え。

トヨタ自動車は新型SUV「C-HR」を出展、また日産も小型SUV「キックス」を2017年4月から生産を開始予定。ホンダも「WR-V」の投入により、現地でシェアを伸ばしているGMや、VWなどに対抗することになります。

欧・米・中を主に、世界的にSUV人気が高まっているなか、ホンダはSUV投入に積極的に動いており、「WR-V」がどこまで現地で健闘するかが注目されます。

Avanti Yasunori・画像:HONDA)

【関連記事】

ホンダがブラジルで7人乗り新型コンパクトSUV「WR-V」をワールドプレミア!
http://clicccar.com/2016/10/19/409564/

SUV系が人気の中国で日本車がモテモテ? ホンダが好調!
http://clicccar.com/2016/09/28/402832/

【関連リンク】

サンパウロモーターショー2016
http://www.salaodoautomovel.com.br/en/

ホンダが新型SUV「WR-V」 を2017年前半に南米投入!(http://clicccar.com/2016/11/11/415890/)