La PomPonのHINA、KAREN、MISAKI(上段左から)、KIRI、YUKINO、RIMA(下段左から)

写真拡大

11月11日(金)深夜の「アイドルお宝くじ」(テレビ朝日ほか)では、3組×3回の計9組のアイドルが“アイドルお宝クイーン”の座を懸けて争う「秋の陣」決勝戦を放送。

【写真を見る】KARENは、ハロウィーン仮装対決の勝因を「自己紹介」と分析!?

そこでSmartザテレビジョンでは、各予選を勝ち抜いてきたDorothy Little Happy、sora tob sakana、La PomPonの3組に、決勝へ向けてそれぞれインタビューを行った。

今回は予選で「ハロウィーン仮装の演出」勝負に勝った、六本木発6人組本格派ガールズグループ・La PomPonのYUKINO、KIRI、RIMA、KAREN、MISAKI、HINAに、予選の勝因やライバルについて、そして意気込みなどを語ってもらった。

――予選を振り返ってみて、勝因はどこだったと思われますか?

KAREN:収録後にイベントがあって、その時「アイドルお宝くじ」の観覧にも来てくださったファンの方に言っていただいたのが、「自己紹介が良かったよ」ということでした。

自己紹介でハロウィーンにちなんで「投票しないとイタズラしちゃうぞ〜」や「鞭でたたいちゃうぞ」などと、それぞれ言ったんです(笑)。そういうドSっぽいのが良かったのかなと思っています。

YUKINO:La PomPonがかわいらしく、ハロウィーンのコスチュームだったりペイントだったりをしている姿は、ファンの方にとっても珍しかったんじゃないかと思います。あとはいい意味での“お手軽さ”。

他の皆さんは結構高度な扮装などをされていたんですけど、あえてそこには力を入れず、曲で魅せたのもLa PomPonらしくて良かったのかなと思っています。変に奇抜なことをして印象付けるのではなく、曲で勝負できたので。

――そして今回のお題が「食べ物ソング」ということで、皆さんが披露される曲は何でしょうか?

KAREN:私たちはシブがき隊さんの「スシ食いねェ!」を歌わせていただきます! もう老若男女皆さんが知っていて盛り上がれる曲です。

RIMA:タイトルを聴いただけで、思わず笑顔になっちゃいますよね(笑)。

――ではこの曲の見どころを皆さんそれぞれお願いします。

KIRI:見どころは、サビの振り付けです! 本家・シブがき隊さんの振り付けを参考にやらせていただいているのですが、サビで座ってポーズを決めるところが個人的には見どころだと思います。

KAREN:「アガリ」とか「おあいそ」とか、歌詞も印象的だと思うんですけど、その部分でLa PomPonらしい“パリピ感”を出していこうと思います!

HINA:出た! KARENパリピ好きだよね〜。この前もパリピだったじゃん!

KAREN:たまたまだよ。とにかく、La PomPonらしく飛び跳ねていけたらいいなと思います。

MISAKI:真面目にふざけにいきたいのと、私が特にすごいなと思うのが、普通に歌っていて後ろで「ヘイ・おまち」とか「ヘイ・ラッシャイ」って“掛け言葉”があるんですよね。それがすごくうまいというか、力が入っていていいなと思ったので、そこをポイントに聴いてもらえたらいいなと思います。

KAREN:掛け声ね。掛け言葉って(笑)。

HINA:確かに。掛け言葉だと意味が変わるよ(笑)。

RIMA:私は、HINAとKARENが「スシ食いねェ!」と言っている箇所があるんですけど、それぞれ言い方とかリズムの取り方が面白い…。

HINA:ヤバッ! 言われた!(笑) めっちゃそこ言おうと思っていたのに!

RIMA:HINAは自分のことを言おうと思っていたのね(笑)。でも、そこは私も大好きで、HINAが何をしてくれるんだろうって…練習もリハーサルも楽しみでした。本番もぜひ注目してください!

HINA:ハードル上げないで(笑)。私たち、最後のポイントとしてあることをやろうと思っていて、今までの曲からするとイメージのつかないことです。たぶん、私たちがやると面白さも出て、他のグループさんとはインパクトも違うかなと思っているので、最後の最後まで注目していただけたらなと思います!

YUKINO:私はシュールな笑いの部分と爆発している笑いの部分の差とか、表情に注目していただきたいですね。

私たちの楽曲で言えば「ろっぽんぎ体操 〜愛コトバはジャンパラポン!〜」に近い感じの曲かもしれないなと思っているのですが、そういうLa PomPonを知っている方は、より楽しめると思います。ふざけていながらもちゃんとしたところを見せられると思うので、期待していてください。

――オリジナル曲は何を歌われますか?

KAREN:私たちの最新シングルから「La PomPon Music 〜ロッポンギマーチ〜」を歌います。

YUKINO:これは行進のようなダンスをする曲なので、初めて見る方も、一緒に踊れたらいいなと思っています。

――たぶんテレビでこの曲をパフォーマンスするのは初めてですよね?

一同:はい。初めてです!

KAREN:この曲はライブでもとても盛り上がる曲なので、観覧のお客さんを全員巻き込んで盛り上がれたらいいなと思います。

――今回対戦するDorothy Little Happyさんとsora tob sakanaさんの印象は?

KAREN:くしくも3組ともトーナメント制になる前から「アイドルお宝くじ」さんで一緒に勝ち残っていたグループなんですけど、2組とも強敵です! La PomPonとは、いい意味で系統が違う方々なので、そこは真っ向勝負していこうと思います。

――ちなみに強いて言えばどちらがより強敵だと思いますか?

YUKINO:どちらも強敵ですけど、やっぱりDorothy Little Happyさんはパフォーマンスのクオリティーも高いですし、強敵ですよね。

KIRI:Dorothy Little Happyさんはトーナメント制になる前を含めてもずっと勝ち残っていらっしゃって、一緒に出ていた自分たちは「ドロシーさんに勝って1位を取りたい!」ってずっと意気込んできたんですけど、その時は結局1位を取れなくて…。

だから、とても強敵だと思いますし、いつかは勝ちたいと思っていました。2人組なんですけど、2人でもステージを大きく使ってパフォーマンスしてお客さんを巻き込んでいるのがすごいなと。

sora tob sakanaさんは、平均年齢が私たちよりも若いんですけど、1人1人に声の個性があって、すてきですよね。

KAREN: KIRIは何者なの?(笑) 評論家みたいに分析するねえ〜。

一同:(笑)。

KIRI:やっぱり自分たちは自分たちらしく、グループの一体感と真面目にふざける個性で勝負していけたらいいなと思います。

――ちなみに、sora tob sakanaさんがいるから「スシ食いねェ!」を選曲されたわけじゃ…ないですよね?

一同:(笑)。

YUKINO:違います(笑)。

KAREN:たまたまです! 食べ物にまつわる楽曲の中でも、みんな曲調がかなり違うと思うので、La PomPonらしさを100%出せたらいいなと思います。2組とも本当に大好きなグループなので、戦えること自体がうれしいですし、ありがたいと思っています。

――では最後に、11月11日ということは、HINAさんの誕生日の翌日なので、代表してHINAさんが誕生日の感想プラス意気込みをお願いします!

HINA:17歳になって一発目のテレビとかのアレが、この「アイドルお宝くじ」さんなので…。

RIMA:いや、アレが!ってやめようよ。

KAREN:テレビとかのアレって(笑)。

HINA:誕生日と翌日はライブもなく、17歳になって初めてのパフォーマンスが見られるのはこの番組なので、初めてLa PomPonを見た方も、HINAのことを初めて知った方も、今までとは違う飛び切りの真面目にふざけている感じが…。

KAREN:一周まわって何を言っているのか全く分からないよ。

HINA:じゃあ、一言でまとめますと、今回の放送は、16歳最後の収録の放送なので…その雰囲気を…。

RIMA:いや、全然一言じゃないじゃん!

HINA:最後の放送なので、飛び切りはっちゃけて、かましていきたいなと思います!

――なるほど! …そして?(笑)

KAREN:か〜ら〜の〜?

HINA:そして! 皆さん「お誕生日おめでとう」コメントをお待ちしております(笑)。

KAREN:か〜ら〜の〜?

HINA:何でだよ!(笑) 最後はリーダーにまとめてほしい!

KAREN:駄目駄目! 最後はHINAに、っていう振りだからさ!

YUKINO:そうそう。17歳用の新ネタないの?

HINA以外:それだ! 文章で伝わるやつ!

HINA:何それ〜。文章で…? 

KAREN:この記事を読んで、うわっ! この子、面白い!ってやつよ。

HINA:17歳は〜HINAの〜セブンティーンだから〜♪ みんな〜見てろよ〜! HINAの17歳は飛び切りの年です!

HINA以外:シーン。

HINA:ちょ待って〜!

KAREN:がっかりだよ! セブンティーンだから〜?

HINA:だから〜花のようにかわいく生きる〜♪

RIMA:意味が分からんし!

MISAKI:どんどん変な方向にいくね…。

KIRI:もうヤバイ!

――こういう締めで大丈夫ですかね? リーダー!

YUKINO:大丈夫です。これがこの子の実力です(笑)。

一同:ありがとうございました。