ヒラリー氏の汚職疑惑を執拗に攻撃したトランプ氏は、大統領選を「史上最低の誹謗中傷合戦」にした。そのメディア戦術には恐るべき老獪さがある。トランプ氏は、市場最もメディア操作に長けた大統領になるだろう Photo:REUTERS/AFLO

写真拡大

トランプ大統領誕生に世界中が驚いているが、メディア戦術の側面から見れば、むしろこの結果は妥当だ。米マスコミがヒラリー氏擁護をすればするほど、トランプ氏の支持者が増えたカラクリを解説する。(ノンフィクションライター 窪田順生)

メディア戦術に焦点を当てれば
「トランプ勝利」は妥当

 半年前は口にするだけで鼻で笑われた「トランプ大統領」が、現実のものとなった。日米のマスコミは「番狂わせ」などと驚いているが、個人的には、この結果にそれほど驚きはない。むしろ、これまでの両候補の戦いを見ていれば、「順当」だったかなという気さえしている。

「終わってからなら誰だってそんなの言えるだろ」という声が聞こえてきそうだが、筆者はトランプ氏がまだ「泡沫候補」とバカにされていた今年1月9日、『単なる「言いたい放題」ではない!トランプ氏の老獪なメディア戦術』という記事を寄稿し、あの「暴言」の裏には、既存の政治家ではとても太刀打ちできない高度なブランディング戦略があると指摘した。

 また、その直後にはTBSの某情報番組から、「誰もトランプを褒めてくれる人がいないので」とインタビューの依頼があったため、「トランプ大統領」の可能性を示唆するコメントも提供した。

 ちなみに、オンエア後は、「恥をかくから、ああいうことは言わない方がいい」という忠告のほか、「差別主義者を擁護するな」というクレームも多く頂戴した。なので、今回も誤解なきように断っておくと、筆者はトランプ氏の人間性や政治信条をもってして「順当」だと言っているわけではない。大統領選というメディアを介した「イメージ」の戦いで、クリントン氏を終始圧倒していた、ということを申し上げているのだ。

 では、トランプ氏の「メディア戦術」の、いったいどこが勝利に結びついたのか。結論から先に言ってしまうと、今回の勝因は、大統領選を「史上最低の戦い」という次元にまで落としめたことに尽きる、と考えている。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)