離婚騒動により心労がたまっていると心配されていたブラッド/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

11月8日、ブラッド・ピットがアンジェリーナ・ジョリーとの破局発表以来、はじめて人前に姿を現した。

【写真を見る】騒動後初めて姿を見せたブラッド・ピットと友人ジュリア・ロバーツ/写真:SPLASH/アフロ

ブラッドは、旧友ジュリア・ロバーツと共に、自らの製作会社プランBエンターテインメントがプロデュースした新作『Moonlight in Los Angeles(原題)』の上映会に出席。

英紙デイリー・メールがジュリアと一緒に写った彼の写真を掲載しているが、ブラッドはチェックのシャツに黒いジャケット、ジーンズという普段着で、ジュリアも黒いセーター姿に眼鏡をかけ、2人ともハリウッドスターには見えない地味な感じで写真におさまっている。

ブラッドはかなり痩せて、やつれたようにも見え、「ブラッド、体重がすごく落ちている」「だけどアンジーと一緒の時よりリラックスして幸せそう」「がんばれ、ブラッド。ジュリアが支えていてくれて良かった」などの読者コメントが同紙サイトに寄せられた。

ブラッドは会場で壇上に立って挨拶もしたが、この日はメディアも大統領選挙の話題一色で、取材陣も多くはなく、このタイミングで人前に出ることを決めたらしい。11月9日にロサンゼルスで行われる主演作『マリアンヌ』(2017年2月公開)プレミアでレッドカーペットに登場する予定のブラッドにとって、この日の小規模な上映会は、本番に向けたリハーサルだったようだ。【UK在住/MIKAKO】