キム・ジュンス(JYJ)出演ミュージカル「デスノート」17年1月開幕

写真拡大 (全2枚)

【10日=KEJNEWS】15年最高の話題作ミュージカル「デスノート」が来年の1月に芸術の殿堂・オペラ劇場で2年ぶりに戻ってくる。

本作は、偶然“デスノート”を手に入れ、周囲の悪人を処罰していく大学生・月(ライト)と、そこに立ち向かう名探偵・L(エル)が繰り広げる頭脳戦を描いた人気漫画「デスノート」を原作としている。原作漫画は、03年から週間少年ジャンプで連載され、累計3,000万部以上を発行したヒット作である。

15年に韓国で初演された本作は、スリル溢れるストーリーと新鮮なキャラクターが称賛され、さらに全公演完売するというヒットを見せた。これにC-Jesカルチャーは成功した初演から2年ぶりに大型の劇場、芸術の殿堂・オペラ劇場で再演することを決めた。今回も巨匠演出家の栗山民也と作曲家のフランク・ワイルドホーンが参加する。

C-Jesカルチャーは「韓国初演当時、立体的なキャラクターが完成して、国内のみならず海外でも大きな話題となった。キム・ジュンスの出演が確定した「2017 デスノート」の新たな魅力が期待される。15年にヒットした作品というだけに、完成度の高いこの冬最高のミュージカルをお届けする」と意気込んだ。

なお11月1日に作品のティーザー映像が公開された。1次ティーザー映像は、C-Jesカルチャーの公式SNSチャンネル(YouTube、NAVERTVキャスト、Facebook)で見られる。

なおミュージカル「デスノート」は1月3日から26日まで芸術の殿堂・オペラ劇場で公演、今月中旬よりチケット発売が開始される予定。