ディズニー/ピクサー映画の体験型企画展「もしも」から始まる、冒険の世界が二子玉川で開催

写真拡大

ディズニー/ピクサー映画の世界を体験出来る企画展『ピクサー アドベンチャー 「もしも」から始まる、冒険の世界』が、2016年12月21日(水)から2017年1月9日(月・祝)までiTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズで開催される。

2016年8月にラフォーレミュージアム原宿で開催された人気企画が二子玉川に。会場内では、本企画だけの限定グッズが200種以上発売される。今回は、ファッションプレスが取材した、ラフォーレミュージアム原宿展の様子をレポートする。

映画の世界のなかに入り込んで楽しむ“体験型”企画

大ヒット映画『トイ・ストーリー』の公開以降20年にわたり、“もしも”という豊かな想像力から魅力的な作品の数々を生み出してきたピクサー・アニメーション・スタジオ。本展では、この「もしも」をテーマに、ディズニー/ピクサー作品の創造的な世界を独自の視点で再現。来場者を映画の世界の中に誘う“体験型”の展覧会となっている。

ディズニー/ピクサーを代表する4作品をテーマにした各エリア

「もしも」が体験出来るのは、ディズニー/ピクサーを代表する4作品。会場は「トイ・ストーリー」、「モンスターズ・インク」、「ファインディング・ニモ」、「カーズ」の4つのエリアに分かれており、それぞれ嗜好を凝らした演出が楽しめる。

「トイ・ストーリー」エリア - 喋るウッディ&バズライトイヤーの名ゼリフは必聴

会場に入って最初に体験するのが「トイ・ストーリー」エリア。ここでは様々なキャラクターに焦点を当てた巨大なスクラップブック風の展示を通して、映画の物語を振り返ることができる。喋る巨大ウッディ&バズライトイヤーの名ゼリフも必聴だ。

「モンスターズ・インク」エリア - マイク&サリーと記念撮影!

モンスターたちの世界を垣間見ることが出来る「モンスターズ・インク」エリアには、リアルに立体化されたマイクとサリーに挟まれて写真撮影が出来るスポットが登場。「モンスターズ・インク」のヘルメットを被れるブースで“会社の一員”になれるのもファンには嬉しいポイントだ。

「ファインディング・ニモ」エリア - ブルースに食べられる?劇中の“危険シーン”を再現

「ファインディング・ニモ」エリアで体験出来るのは、海で巻き起こる危機。ホホジロザメのブルースや、オーストラリア・ペリカンのナイジェルの大型立体に入り込んで、ハラハラドキドキの劇中の1シーンを再現しよう。

「カーズ」エリア - ルート66に各キャラクターが勢ぞろい

映画の舞台となったルート66を再現した「カーズ」エリアには、マックィーンやメーターをはじめとする劇中のキャラクターが勢ぞろい。立体的に配置された彼らの中心で記念撮影すれば、映画「カーズ」の世界に入り込んだような1枚の完成だ。

展覧会限定のグッズにも注目

【概要】
ピクサー アドベンチャー 「もしも」から始まる、冒険の世界
期間:2016年12月21日(水)〜2017年1月9日(月・祝) ※1月1日(日)は休館
時間:10:00〜20:00
※小学生以下の単独入場は不可。
※混雑状況によっては入場できない場合有り。
会場:iTSCOM STUDIO & HALL二子玉川ライズ
住所:東京都世田谷区玉川1-14-1 二子玉川ライズ2F
入場料:一般(中学生以上) 1,200円(前売り1,000円)、子ども(小学生以下〜4歳まで) 600円(前売り500円)
チケット:チケットぴあ(Pコード:767-626)、ローソンチケット(Lコード:36486)、イープラス、CNプレイガイド、セブン-イレブン(セブンチケットボタンより)にて販売
※3歳以下無料
※価格は税込。
※前売り券は11月11日(金)から順次販売開始予定。
©Disney/Pixar

【問い合わせ先】
イッツコムお客さまセンター
TEL:0120-109199
営業時間:平日 9:30〜20:00、 土・日・祝日・年末年始 9:30〜18:30


[写真付きで読む]ディズニー/ピクサー映画の体験型企画展「もしも」から始まる、冒険の世界が二子玉川で開催

外部サイト

  • 『スター・ウォーズ』のドキュメンタリー写真集が登場 - 744ページで綴る映画の舞台裏
  • 映画『沈黙−サイレンス−』M・スコセッシ監督&原作・遠藤周作 - 窪塚洋介、浅野忠信、小松菜奈ら出演
  • 映画『無限の住人』木村拓哉主演で実写化 - 福士蒼汰、戸田恵梨香、市川海老蔵ら出演