10日、中国新聞網によると、中国ではこの数年で男女共用トイレが次々と出現している。資料写真。

写真拡大

2016年11月10日、中国新聞網によると、中国ではこの数年で男女共用トイレが次々と出現している。上海市では市内初の男女共用公衆トイレが今月下旬に登場。そんな中、「この手のトイレは本当に必要なのだろうか」との議論が巻き起こっているという。

上海市で試験的に作られる男女共用公衆トイレは個室と個室を隔てる壁が通常の公衆トイレより大きく、壁の下は完全にふさがれるというデザインだ。設置の目的について関係者は「女性の待ち時間を減らすため」と説明。世界トイレ機関のデータによると、「人が毎日トイレに行く回数は6〜8回。女性の所要時間は平均70〜75秒、男性は30〜35秒」で、同氏は「共用トイレを増やすかどうかについては1カ所目の運用状況で決まる」と語った。

一方、首都・北京ではNGO団体が性別に関係なく使用できる「性別友善トイレ」プロジェクトを推進している。「性的少数者(LGBT)や幼い娘を連れてトイレに入る父親らの戸惑いを解消したかった」との目的を説明する関係者は「国連開発計画(UNDP)の北京事務所など30以上の組織が設置してくれている」と紹介。このほか、山東省青島市でも今年から男女共用トイレの使用が始まっている。ただ、多くの市民にとっては依然、「新鮮」な存在と言え、「女性の負担を減らしてくれる」「人に優しいサービス」と肯定的な意見が出る一方、「入りづらい」「プライバシーや安全上の問題が気になる」などの声も上がる。このような現状について、ある専門家は「男女共用トイレは社会により多くの可能性を提供してくれる。時間と空間を与えてみるのも悪くないのでは」と先行きを見守りたい考えを示した。(翻訳・編集/野谷)