『アズミ・ハルコは行方不明』の主演を務めた蒼井優

写真拡大

蒼井優主演の映画『アズミ・ハルコは行方不明』(12月3日公開)のプレミア試写会が、11月10日にユナイテッド・シネマ豊洲で開催。蒼井優、高畑充希、太賀、葉山奨之、石崎ひゅーい、加瀬亮、花影香音、松居大悟監督が舞台挨拶に登壇した。蒼井は相手役の石崎と共に撮影裏話で会場を笑いに包んだ。

【写真を見る】蒼井優と高畑充希の可憐な全身ショット

蒼井は「アズミ・ハルコは行方不明でしかも主演。すごい楽じゃないかと思って、こんなにいい仕事があるんだとワクワクしながら台本を読んだら意外と出番があって、撮影は大変でした」と最初にジョークを飛ばす。

その後「監督とプロデューサーと3人が同い年で、期待値が上がってしまって。台本を読んだらどういうふうに仕上がるのかが想像できなくて。それが30歳という節目を迎えた3人なら挑戦していいんじゃないかなと。まだまだ守りに入る年齢じゃないと思ってやりました」と、本作への思いを語った。

蒼井の相手役を務めた石崎は、演技初挑戦ということで「読み合わせが人生でいちばん緊張しました」と激白。「優ちゃんとやるんですが、ずっと下を向いてぼそぼそやってたら松居監督に怒られて。蒼井優は怖いという先入観がありましたが、(2回目では)ちゃんとお顔を見たら、歯に海苔がはさまってて。そこから良い感じであっという間に終わりました」とコメントし、会場は大爆笑。

蒼井も「まさかそんなことをぶっこまれるとは思ってなくて」と大笑い。石崎が「おにぎりを食べてらした?」と聞くと、蒼井は「そうですね。スタミナが必要だと思って、おにぎりを食べちゃいました」と笑う。

さらに石崎について「いちばん驚いたのは、1回目の本読みの時。台詞に『あああああ』とあれば、役者だと“絶叫”ってすぐわかるんですが、石崎さんはあ、あ、あ、あ、と言っていって(笑)。壊れたのかなと。全員目が点になりました」と、高畑たちと目を合わせて笑い合った。

『アズミ・ハルコは行方不明』の原作は山内マリコの同名小説で、OL失踪事件の背景と行く末を、時系列を織り交ぜて描く青春映画となっている。主人公の春子を蒼井優が、彼女の行方を捜すグラフィティアートを拡散させる20歳の少女を高畑充希が演じた。【取材・文/山崎伸子】