「BriocheDoree」に登場した「トロペジェンヌ」

写真拡大

世界で1260店のレストランを展開しているフランスのベーカリーカフェ「 BriocheDoree(ブリオッシュ ドーレ)」は、11月9日より、フランスの伝統菓子「トロペジェンヌ」(350円)を販売。

【写真を見る】オレンジフラワーの香りが豊かなカスタードクリームがたっぷり入っている!

「トロペジェンヌ」は、フランス産小麦と発酵バターを使用したブリオッシュ ドーレの看板商品でもある「ブリオッシュ」に、口どけの良いカスタードクリームを挟んだもの。

外はさくさく、中はふわふわに仕上げたブリオッシュに、オレンジフラワーの香りが豊かなカスタードクリームがたっぷり入っていて、まるでケーキのような南仏スイーツ。ボリュームのあるサイズ感だが、軽い口当たりなので女性にもオススメだ。

南仏サントロペ生まれのスイーツで、日本国内では、まだ馴染みのない「トロペジェンヌ」。同店は、ハイブリッドスイーツ「マフィノワズリ」に次ぐ、新たなスイーツとして訴求していく考えだ。【ウォーカープラス編集部/Raira】