任天堂の「ミニファミコン」売り切れ続出!高値での転売が相次ぐ

写真拡大

今日発売の「ミニファミコン」が売切れ続出で、ネット上で高額販売されている。

任天堂「ミニファミコン」が発売

任天堂は10日、手のひらサイズのファミコン「ニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータ」を発売した。

「ドンキーコング」や「マリオブラザーズ」「パックマン」など、往年の人気30タイトルが収録されている。

売り切れが相次ぐ

9月に発売が発表されるやいなや注目が集まり、事前予約には注文が殺到。人気のため抽選販売にする店舗や、当日販売分がすでに完売したという店舗も。

ネット上には「どこも売切れだった」「買えなかった」という声が続々。

ヨドバシカメラやビックカメラ、トイザらスなどの通販サイトでも「予約受付を終了しました」「在庫なし」「完売」となっている。

ネット上に高値で出品

amazonなどネット上では多数出品されているが価格が9000円を超えるものも多く、メーカー小売価格5980円(税別)を大幅に上回る高値。

インターネットオークションやフリマアプリなどにも定価を上回る金額で数多く出品されており、中には1万円を超えるものも。

ネット上には「もう転売されちゃってる」「そりゃ在庫なくなるわ」と嘆く声が投稿されている。