びっくり! - トム・ホランド
 - Gregg DeGuire / Getty Images

写真拡大

 新シリーズ第1弾『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年8月11日日本公開)に主演する俳優のトム・ホランドが、マーベルのInstagramを見て初めて自分がスパイダーマン役に決まったと知ったと The Hollywood Reporter に打ち明けた。

 トムは「ベッドでInstagramをざーっと見ていたんだ。オーディションから1か月くらいたった頃で、そしたらマーベルがちょうど『わたしたちのウェブサイトへ来て、誰が次のスパイダーマンに決まったか見て!』というようなことが書かれた写真を投稿したところだった」と振り返り、「それでサイトに行くと『新スパイダーマンはトム・ホランド』と載っていたんだ」とファンと同様のタイミングで不意に知ったことを告白。それだけに「ものすごく興奮して、完全に狂ったみたいになっちゃったよ」と驚きと喜びもひとしおだったようだ。

 トムの関係者が彼に伝えていなかっただけの可能性もあるものの、マーベルが本当に本人にまで隠していたのだとすれば、あまりにも徹底した秘密主義だといえる。トムが新シリーズで演じるのは、15歳の高校生ピーター・パーカー=スパイダーマン。今後の展開としては『スパイダーマン』シリーズ第2弾と第3弾、そしてほかのマーベル作品2作にスパイダーマン役で出演する契約になっているという。(編集部・市川遥)