「気分はDAIGOスキャマンダー」とご満悦!

写真拡大

アクアシティお台場のウィンターイルミネーション「AQUA XMAS 2016」と、映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(11月23日公開)のコラボレーションが実現。11月10日には映画の宣伝大使であるDAIGOが主人公のコスプレ姿で登場し、点灯式を行なった。

【写真を見る】DAIGO『ファンタビ』のコスプレ姿を披露!魔法の杖を振り下ろし、イルミネーションが点灯

今年の「AQUA XMAS 2016」(11月11日〜12月25日開催)は、“深海のクリスマス”をテーマとし、幻想的な深海の世界を彷彿とさせるイルミネーションを展開。11月11日(金)〜12月11日(日)の期間は、映画とのコラボレーションとしてお馴染みの“ハリー・ポッター”の曲に合わせ、アクアシティでしか見ることができないオリジナルライティングショーを楽しむことができる。

ブルーのコート&マフラーを着てトランクを携えるなど、エディ・レッドメイン演じるニュート・スキャマンダーのコスプレ姿を披露したDAIGO。「気分はDAIGOスキャマンダー」とご満悦の表情で会場の笑いを誘った。

本作は、『ハリー・ポッター』シリーズのJ.K.ローリングが原作・脚本を手がけるファンタジー。一足先に鑑賞したというDAIGOは、「MIM」と映画の感想を“DAI語”で表現。「もう一回観たい」からだそうで、「観たばかりなのに、もう一回観たい。新しい魔法の世界の虜になった。ワクワクもドキドキもして、最高の映画」と大絶賛だった。

点灯式では、DAIGOが魔法の杖を振り下ろすとイルミネーションが点灯。美しい光が会場を照らしたが、DAIGOは「もちろんFF、夫婦で見るのもいいし、家族や友達で来ても、素敵な瞬間になると思う」と笑顔を見せていた。

今年は女優の北川景子と結婚し、まさに“FF”となったDAIGOだが、今年を振り返ることになると「KSKな一年。今年はすごく濃い」と話し、ストレート過ぎる“DAI語”に会場も大爆笑。「結婚もしたし、素晴らしいことがいろいろあった。いい一年でした」と充実の一年について心中を明かしていた。最後には、「ファンタスティック・ビースト、すごい!FBS」とまたまた直球の“DAI語”を発表。サービスたっぷりのトークで会場を盛り上げていた。【取材・文/成田おり枝】