ブライアン・クランストン

写真拡大

今月8日(火)に行われたアメリカ大統領選挙では、共和党のドナルド・トランプ氏が勝利を収めた。以前、当サイトでもお伝えしていたとおり、選挙の結果次第ではカナダに移住すると宣言していた『ブレイキング・バッド』のブライアン・クランストン。彼はどのようにこの結果を受け止めたのだろうか? 

米The Hollywood Reporterのインタビューの中で、ブライアンはトランプ氏が大統領になったら国を出る考えを明かしていた。「間違いなくカナダに移住するよ。そんなことが起こるとは、現実的とは思えないけどね。彼が選ばれないことを神様に祈るしかない。(カナダに行くことは)休暇じゃない。移住するんだ」さらに、選挙活動中のトランプ氏の行動はこれから先も人々の記憶に残るだろうとコメント。「本に書かれ、映画も製作されるだろうね。今の彼の異常さは、いつか劇場で公開されているんじゃないかな」と、辛辣に語っていたが、多くの人の予想を覆しトランプ氏が当選した。

選挙から一夜明けた現地時間9日(水)、ツイッターにコメントを投稿したブライアン。「結果にはショックを受けているし、残念だと思っているけれど、次期大統領には傷ついてしまった私たちの国を一つにまとめてほしいと願っている。心からの成功を望んでいるよ」と、想いを綴った。多くのファンからはカナダへの移住についての質問がリツイートされていたが、それについての返答はしていないようだ。トランプの名前を出すことなく"次期大統領"という言葉を使ったところに、結果に対しての想いが感じられる。

現地時間10日(木)にはオバマ大統領とトランプの会談が予定されているが、今後のエンターテイメント業界にどのような影響を与えていくのか気になるところだ。(海外ドラマNAVI)