賞金女王戴冠へ、賞金ランク日本勢トップの笠りつ子が“1番”を目指す(撮影:福田文平)

写真拡大

<伊藤園レディス 事前情報◇10日◇グレートアイランド倶楽部(6,639ヤード・パー72)>
 女子ツアーも残すところ3試合。11日(金)から開幕する「伊藤園レディス」の初日は賞金ランク1位のイ・ボミ(韓国)、2位の申ジエ(韓国)、3位の笠りつ子が同組で戦う。
「TOTOジャパンクラシック」笠りつ子、特別インタビュー!
 
 逆転での女王戴冠を狙う笠にはここからが正念場。「1試合1試合積み重ねていけば1番になれると思う。まずは今週どれだけ強い気持ちと安定したプレーができるか。調子はすごく良い感じなので、もっともっと自分に波を寄せられるように」。今季の初めから目指す“1番”に向けさらに自分を高めていく。
 追いかける2人とのペアリングは「ボミのプレーリズムは好きだし、申ジエは久しぶりに回るので、どんなプレーをするのか楽しみです」と大歓迎。初日からいやがうえにも気合いが入る組み合わせだ。
 笠の目標は残り3試合を「悔いのないように」戦い切る事。今季はゴルフ人生でこれまでのベストシーズン。“1番”になるために、全力を尽くすのみだ。なお、逆転賞金女王の可能性を残すためには、今週終了時点でボミとの差を4,300万円以内にしておくことが必要となる(現時点で約3,122万円)。

<ゴルフ情報ALBA.Net>