写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Fujitsu Laboratories of Europe(FLE)とFujitsu Spain(富士通スペイン)は11月10日、医師による迅速な意思決定プロセスを支援するヘルスケアシステム「Advanced Clinical Research Information System」を試作し、マドリッドのサン・カルロス医療病院で実証を行った。

同システムは、サン・カルロス医療病院の精神病の分野における専門医とFLE、富士通スペインの連携のもと、FLEの先端的データ解析技術と富士通研究所の匿名化技術を組み合わせて開発したもの。匿名化された3万6000名以上の患者情報や、医療関連の論文情報などの関係性をグラフ構造で表現したデータを入力情報として、グラフデータ解析技術、セマンティックモデル化技術などの人工知能技術を実装してシステムを開発。実証では、サン・カルロス医療病院の精神病の専門医の参加の下、6カ月以上にわたり実施した。

同実証において各医師が、患者のこれまでの診断結果や合併症、自殺の潜在的リスク、薬物依存、アルコール依存などの未解決問題の関連性について同システムを利用して調査したところ、鍵となる臨床データを系統立てて検証できるほか、臨床における既存の問題点を特定できるなど、非常に高い精度のリスクアセスメントが実現した。その結果、自殺・アルコール依存・薬物依存のリスクを85%以上の精度で算出できたという。

富士通スペインのイノベーション・ディレクターである鈴木國男氏は、「将来は、われわれの医療APIの基盤を通じて、診療に関するデータや医療関連の論文などのデータを集約・統合したデータベースに医師が迅速にアクセスすることが可能となる。このようなデータは、従来は紙でしか利用することができず、異なるフォーマットで記載されたさまざまな資料を調べる必要があったが、実証の結果、医師が患者の記録を選別する時間を半分以下に短縮し、患者の問診時間を増やすことができることを実証した」とコメントしている。

今回開発した技術は、富士通スペインのクラウドサービスやプライベートクラウドサービスにおいて、将来の新しい医療API(Application Programming Interface)の基盤として活用していく予定だという。

(山本明日美)